性急な思想 石川啄木

今日は石川啄木の「性急な思想」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
石川啄木と言えば貧しさを描きだした歌人、という第一印象があったんですが、いろいろ読んでみるとまったく異なる側面も見えてきて、独特な思索に魅力を感じたりするんですけど、今回は近代文明への批判を記した随筆を読んでみました。
 
 
詩には、説教や思想は描かれないわけで、そこが透きとおっていて美しい詩の魅力だと思うんですが、詩人の評論や随筆を読むと、やっぱりいろんなことを深く考えて、いるのだなあと、詩の裏側がちょっと見えてきておもしろいです。やっぱり仮定法に詩人独特の、色濃い個性を感じます。
 
 
石川啄木が批判していることの逆の方向に、氏の詩歌があるんだろうなあ、と思いました。記されていない言葉が気になります。詩は性急な思想ではなく、遅い足どりを観察した結果のように思いました。たぶん石川啄木は、親友にこういうことを語った事があるんだろうなと、声で聞いてみたい随筆だと思いました。 
 
 


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/sekkachina_shiso.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本