ハイネ詩集(71)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その71を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ふつう詩というと、話者が変転して、異性が語ったり、仙人や赤子が語ったり、鳥が詩の言葉を告げたり、石や木が主人公になって語っていたりするんですけど、ハイネ詩集は、ハイネらしき男性が語っている場合が多いです。
 
 
「永遠に青いインドラの城」という詩の言葉が印象に残りました。ハイネが記す「一番美しい」ってどんな人なんだろう、と思いました。今回は、語り手が妖艶な気配で、言葉づかいも独特で、いつにもましてロマンチックな詩でした。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine71.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本