こども風土記 柳田國男(38)

今日は柳田國男の「こども風土記」その38を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これだけ徹底的に子供の遊びのことを書いているのを見ると、まったくおもっても無かったことに気づかされるんです。意味をわからずに遊ぶとか、意味が判らずに言葉を使う、ということはふつうは失敗だったり、まれなことなんだと思うんですけど、どうもそうじゃなくって、こどもの遊びの大半は、言葉の意味が判らずに遊ぶとか、なぜそういう遊びになっているのかじつは判ってないとか、そういう不明なものを不明なまま扱うことがじつは多いんだということが見えてきて驚きます。
 
 
大人になるまでに、テストや対人関係や仕事で、意味内容をきちんとおさえる、というクセがつくんですけど、遊びや子供の世界はそうじゃ無いことが多い。「シカシカつの何本」という遊びでも「シカ」が鹿という言葉だったことを知らずに遊んでる子供が多い。地域によっては、原形の「シカシカ」という意味が判ってないので「チケチケ」と変化してそっちを使ってずっと遊んでいたりする。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki38.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する