私が十四五歳の時 森林太郎

今日は森林太郎の「私が十四五歳の時」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
文豪と言えば秀才で、なんでも知っていてなんでも記憶しているように思えるし、じっさいにそういう記憶力のたしかさが記された随筆もあるんですけど、あの森鴎外(森林太郎)がこういうことを書いていました。
 

私が十四五歳の時はどうであつたか。記憶は頗るぼんやりしてゐる。私の記憶は、何か重要視するものに集中してゐるのだから、其外の物に対しては頗る信頼し難いのである。それだから自身の既往なんぞに対しては頗る灰色になつてゐるのである。或は丸で消滅してはゐないかも知れないが、少くも土蔵のごく奥の方にしまひ込んであると見えて、一寸出してお目に掛けにくい。
 
竹槍でイノシシを追って食べていたような、まるで原始的な子供時代の生活から、ドイツ語や文学を習熟するまで、いったいどんなふうに毎日勉強をしていったのだろう……と思いました。
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。
 
頗る



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/watashiga_jushigosaino_toki.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link おすすめ本 ★本を購入する