与謝野晶子詩歌集(6)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その6を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の歌に記された「海棠」というのは、カイドウ(ハナカイドウ)というバラ科の木のことです。コトバンクにはこう書いています。それから中国の百科事典には写真付きで載っていました。春の桜の季節のちょっとあとに、桃色のあまたの花を咲かせるあの花のことです。リンゴの木にちょっと近い木で、実がなることがあるそうです。
 
 
与謝野晶子の処女作「みだれ髪」における言葉は、現代の辞書には載っていないような独自の言葉や文法がいくつかあるんです。夕雨ゆうさめという言葉もかなりオリジナルなもので、代表的な辞書6つのどれにも載っていないです。ほかにも歌の意味を同定できないところさえある。その謎を楽しむのも与謝野晶子文学の魅力のうちの一つかと思います。
 
 
与謝野晶子が書く、神、という言葉も、ちょっと他で見たことの無いような気配があります。「拍子木」という詩を読んで、やはり与謝野晶子の詩は堅苦しく考えなくって、映画や絵画を見るように楽しんで良いんだと思いました。
 
 
或夜あるよ」という詩がすてきなんです。美しいだけでは無くって、論語のように読者を諭すところがある。今回の詩篇はほんとお薦めなんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko006.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本