与謝野晶子詩歌集(32)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その32を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「ゆあみして泉を出でし」という歌を読んでいて……与謝野晶子は、紫式部くらい高貴な人にも、それからとても貧しい人にも、どちらにも通ずる詩世界を作ったことが、最大の魅力なんだ、と思いました。
 
 
「うぐいす、そなたも雪の中」という詩を読んでいても感じるんですけど、近代は豊かさと貧しさの交わる中間地点でもあったので、自分たちが持っていて気が付かなくなった豊かさを再認識させてくれるところがあるんだと思うんです。薔薇の言葉も美しかったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko032.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3


 
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本