オリンポスの果実 田中英光

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は田中英光の「オリンポスの果実」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
オリンピックが日本で開催されるそうです。やっぱり陸上競技を自分の眼で見てみたいなと思うんですが、いったいいつ予約すれば良いんでしょうか。よほど注意してあらかじめ予約しておかないと、たぶんとれないと思うんですが。それからパラリンピックの100メートル走というのをぜひ自分の眼で見てみたいです。
 
 
えーと、ぼくは今回はじめてこの田中英光の小説を読んだんですが、この作家は1932年にロサンゼルスオリンピックにも出場した元ボート選手で180センチの巨漢の男で、これ、じつはどうもかなりの実話で、しかもものすごく長いラブレターらしいんです。
 
 
「オリンポスの果実」という小説がどういう話かというと、ある選手が、アメリカで行われるオリンピックへの船旅の途中に、熊本秋子という若い選手に恋をするんですよ。作家の田中英光がオリンピックに出場したことについて、自分の記憶をたどってその頃の心情を書き記しています。かなり実話に近い話なんだと思います。読点の「、」が多くてでですね、ちょっとたどたどしい文体なんですよ。なんだかほんとに1932年ごろのオリンピック選手の内面がこう、見えてくる感じがするんです。
 
 
この数年後の1941年に、日本帝国軍がハワイで真珠湾攻撃を行ったわけで、ぼくはむかし戦後になってから日本とアメリカの交流が増えたと思っていたんですが、当時の本をいろいろ読んでいくと、戦争が始まる前に、もうすでにアメリカとの文化交流というのはかなり深いところまで完成していたんだと言うことが判ります。こういう海外との交流があったので、戦後すぐに排外主義を廃絶して民主主義と言うことが定着したんだと思われます。
 
 
そういえば2012年のロンドンオリンピックあたりから、オリンピック選手のツイッターが読めるようになったわけで、なにかそういうのを見ながらスポーツを観戦するのもまた新しい楽しさがあるんだろうなあと思いました。
 
  
主人公はとにかくしじゅう捜し物をしているんですよ。オリンピックのユニフォームについてなんですが、それをなんと大会前に無くしてしまう。非常に困ってしまって、最終的にはそっくりのものを作り直してもらった。しかし比べてみると本物とやっぱり違うところがある。この焦りは、慣れない大会に出場するときのあの緊張感と、かなり共通するものがあるような気がしました。


主人公は体格が良くて真面目っぽいんですが、とにかくモテたいんですよ。恋愛がしたい。そこがなんかよかったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/olymposno_kajitsu.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください