ファウスト(13) ゲーテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はゲーテの「ファウスト」その(13)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
えーっと、前回ついにファウストが少女マルガレエテと恋愛をはじめました。これを読んでいてなんとなく、中年男ハンバート・ハンバートと美しい少女ドロレスが恋をする「ロリータ」という映画を思いだしました。
 
 
ファウストは、悪の沈殿してゆく知恵ものよりも、無邪気で罪のない少女マルガレエテを愛するのであります。本人は悪魔と手を組んでいるわけなんですが。お互いに、自分が持たないものへの憧れがあるようなんですよ。
 
 
マルガレエテはですね、お母さまとお父さまが最後に産んだ赤ん坊をですね、たいへんにかわいがって、産後の肥立ちが悪かったお母さまの代わりに、牛の乳を与えたりして一生懸命育てたんですよ。マルガレエテは処女なんですけれども、お母さんの仕事をやっているんですよ、いちど赤ん坊を育てているんです。
 
 
マルガレエテは、その育てた赤ん坊のことを「私が育てましたの。ですからわたくしの子になりましたの」と言うんです。ファウストはそれで、「それはすばらしいことでした」と言うんです。ファウストは悪魔とともにあって、悪意なしにマルガレエテと逢い引きをするんですよ。
 
 
ファウストは、マルガレエテへの愛の心情を「永遠につづく喜びを感じる」と言うんです。「もしこの心持が消える時が来たら、絶望だ。いや。消える時は無い。終は無い」と言うんですよ。無垢のものへの愛は、終わりのない心情だと言うんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/faust13.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 





明かりの本は新サイトに移行しました!
URLの登録変更をよろしくお願いいたします。

明かりの本 新サイトURL
https://akarinohon.com







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: