日光の紅葉 正岡子規

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は正岡子規の『日光の紅葉』を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
紅葉の季節なので、ちょっといくつか秋らしい俳句や随筆を紹介してゆきたいと思います。
子規はいろいろな知識人たちと親好を深め、豊かな人脈を持っていた俳人です。


正岡子規は森 鴎外、中村 不折、河東 銓、久松定謨、秋山好古、秋山真之、夏目 漱石、尾崎 紅葉、高浜 虚子、伊藤左千夫、長塚節、岡麓など、数多くの人々と付き合っています。



子規が亡くなったのちも、子規の活動拠点であった俳句雑誌「ほととぎす」が不滅であったのは、ひとえにこの数々の出会いによるものだったようです。はじめはそんなに発行部数の多い雑誌ではなかったのですが、子規の弟子であった高浜虚子がその雑誌を引き継ぎ、漱石の処女作「吾輩は猫である」が掲載されてから、東京で飛ぶように売れるようになった。


子規は万葉集を強く推薦しています。そして形式にとらわれて内容を失ったものを否定し、なんというか人づきあいにおいても創作においても、多様性ということをかなり重視していたように思います。子規は読めもしないドイツ語の哲学書を読み込もうと頑張ったり、漢詩にそうとう詳しくて漢詩の創作とかもけっこう熱心にやったそうです。多才ですね。





https://akarinohon.com/center/nikkono_koyo.html (約20頁)


 






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください