犬 レオニイド・アンドレイエフ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はレオニイド・アンドレイエフの「犬」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ミーハーですみませんが、今年の文学賞受賞作に犬のことが書かれた小説があって、こんど本屋で読んでみたいと思っているんですが、犬のことが書かれた古い本はないかなと思って探してみました。この本は森鴎外が翻訳した中編の小説で、犬が主人公です。
 
 
むかし自分が住んでいた家の近くに野生(?)の野良犬が居て、ゴミとか山菜とかで食いつないで生きていている連中で、いつも34匹で徒党を組んでいてかなり怖かったんですが、この本に出てくる犬は人より弱いタイプの痩せた犬のようです。それでもたぶん、幼い子ども相手だと噛み付いて勝ってしまうので、人々から警戒されて石を投げられたりするという状態の、そういう犬のはなしです。むかし犬を飼っていたので、どうも序盤のこのひどい状況というのを読むとなんだか感情移入してしまいました。youtubeにこの本の朗読があったので、興味のある方は聞いてみてください。
 
 
孤独な犬の、人との交流のお話なんですが、最後の場面でこの犬が強い存在感を示していて、余韻の残るお話でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/ougai_inu.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください