ダス・ゲマイネ 太宰治

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は太宰治の「ダス・ゲマイネ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「当時、私には一日一日が晩年であった」という書き出しではじまるこの小説は、佐野次郎という大学生が出逢った馬場という奇妙な男と、虚実の入りまじった芸術談義をしてゆく話です。馬場は芸大の音楽科で学んでいるのだが……。彼らは恋愛や死や芸術書の出版について夢想します。心情の微妙な変化というのをあざやかに書いていて、人間関係の描写が上手いなあと思いました。
 
 
恋愛の話がなんだか奇妙に面白いんです。主人公は金のかかる女に惚れていたけど、びんぼうだからどうにもならない。しょうがないので彼女に似ていて金のかからない少女に手を出すという、わけのわからない関係性が描かれているんです。
 
 
海賊とか、芸術の剽窃者という意味の「Pirates」という雑誌の創刊を目指して2人は意気投合します。馬場という男は虚偽ばっかり言って人を集めてゆくんですが、これが人が増えるごとに、だんだんとおかしな話になってゆく。
 
 
装画をやる絵描きが入ってきて、諍いが起きる。ついには太宰治という小説家までもが登場してきて、ますますもめてゆく。作中の太宰治はなぜだか丸坊主で、無精髭というおっかない風貌なんです。その太宰治が語る小説論は、ほんの数ページなんですけど興味深い内容です。くわしくは本文を読んでみてください。たった1日で解散した幻の文藝グループの、その解散後の感情描写が秀逸だと思いました。
 
 
最後の列車事故の描写は、渡辺温のことを考えながら記したのではないかなと自分は想像しました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/das_gemeine.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください