落語・教祖列伝 神伝魚心流開祖 坂口安吾

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は坂口安吾の「落語・教祖列伝 神伝魚心流開祖」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
いぜん推理作家が昔話を創作していて、それがすごく独特で今でも記憶に残っているのですが、坂口安吾の創作落語もすごいです。普通の落語よりも小説っぽい書き方なんですが、迫力があってするすると読めました。
 
 
親子の会話と関係がじつに型破りで、ここが落語だなあと思いました。落語のことは良く知らないんですが、どうも仏教や道徳に対するカウンターカルチャーとして町人に大人気だったんだろうなあと思いました。一般的な説教が存在していると、落語はそれとは反対のことを言っている、というように思いました。これ戦後5年の1950年に書かれたものなんですが、ほんとになんどもひどい状態になっても死なないというおそろしい男のことが描かれています。戦後の坂口安吾は、とにかく腹いっぱい食いたいんだということを猛烈に書いていますよ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/01shinden_gyoshinryu.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください