未開の花 宮本百合子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は宮本百合子の「未開の花」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
宮本百合子が、女だけの独立した家族のことを描いているんですが、日本のジェンダー論のさきがけだ、と思いました。夫婦生活は不要だが、子どもを生み育てたいという意識をロマンロランやジードの文学を読み解きながら考えています。現実問題、貧しい状況のままで女一人の子育てはほとんど不可能なはずだが、という指摘があるのですが。本文に記されているのですが、誠意のない一つの嬌態としてではなく、男を頼りとせずに子を育てたい、という女性に向けて記された随筆です。
 
 
宮本百合子はこう記します。
 
 
 ロマン・ローランの描く女は、まざまざと感覚に迫る肉体をもっている。乱れたり、調えられたりする各々の息づかいと髪とをもっているのであるがジイドの作品の中で、女は余りはっきり体を見せず、多く内的過程によって描かれている。二つの作家は、二様の美と、卓抜を示しているのである。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/mikaino_hana.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください