神曲 浄火(4) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 浄火篇」第四曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回から、登山が始まりました。非常に勾配の急な登坂で、不思議なことにこの山は登れば登るほど楽になるのだと言うんです。天堂への道のりなのですが、煉獄の山の入口は、ちょうど富士山のふもとのように迷宮の様相を呈しています。そこには、改悛のおくれた人々がぶらぶらとしつづけているのであります。煉獄の山をのぼるまえに、準備段階として数十年を無為にすごさねばならない人々がいるのでした。ただ時の来るのを待ちつづける、まちぼうけのたましいたちなのであります。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/dante2_04.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
https://akarinohon.com/dante/
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください