神曲 天堂(23) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第二十三曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
天堂篇の第十四曲で、キリストが登場したのですが、なぜあんなにはやく去ってしまったのか謎だと思っていたのですが、ついにキリストが本格的に登場をしました。ダンテはキリストと対面して、恍惚とするのでありました。聖母マリアも登場します。
 
 
キリストはこの天堂で、まさに生きて動いていて至高天へと登ってゆくのであります。聖書を全文読んだことがない自分にとって、こういうように、天においてキリストがなにをしているかを描いているというのは、もしかするとじつに新しい描写だったんじゃ無いかなと、空想しました。聖書を全文読まれた人が、ダンテ神曲を読んだ時に、どういうように思うのか、知ってみたいなあーと思いました。
 
 
ベアトリーチェは、ほんとうに喜んで笑顔なのであります。そのベアトリーチェの描写をした、山川訳の一文がこちらです。
 
 
淑女の顏はすべて燃ゆるごとく見え、その目にはわが語らずして已(や)むのほかなき程に大いなる喜悦(よろこび)滿てり
 
 
ダンテと結ばれることの無かったベアトリーチェ。ダンテがいちばん好きだった人なのであります。天には花々が美しく咲き、あまたの魂たちが、聖母マリアへの祈りをささげているのでした。山川訳はこうです。
 
 
たとへば、乳を吸ひし後、愛燃えて外(そと)にあらはれ、腕(かひな)を母の方(かた)に伸(の)ぶる稚兒(をさなご)のごとく

これらの光る火、いづれもその焔を上方(うへ)に伸べ、そがマリアにむかひていだく尊き愛を我に示しき

 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/dante3_23.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
https://akarinohon.com/dante/
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください