文芸的な、余りに文芸的な 「ダンテ」 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の『文芸的な、余りに文芸的な』の第21章「ダンテ」の章を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ダンテの神曲をちょうど読み終えて、それでダンテの晩年がどういうものだったのか、ちょっとグーグルで調べていたら、芥川龍之介がダンテの晩年について書いていたので紹介します。
 
 
煉獄篇の終わりは、自分にとって感銘を受けるものだったのですが、天堂篇というのがどうにも難しくて、キリスト教徒ではない自分が読んでも、やはりどうも感情移入できないと思っていたら、芥川龍之介がこういうことを書いていていたく納得しました。
 
 
  ダンテの達した天国は僕には多少退屈である。それは僕等は事実上地獄を歩いてゐる為であらうか? 或は又ダンテも浄罪界の外に登ることの出来なかつた為であらうか?……
 
 
天堂篇はやはり、キリスト教への信仰が無いと、むつかしいなあと言うのが、自分の感想です。自分は神曲の地獄篇のラストシーンに物語としての徹底的な迫力を感じましたし、魔王の背を登りきって世界が反転し、一気に地上に出るシーンでうなりましたし、地獄と煉獄を連れ添ってくれた師ウェルギリウスとの別れはじつに良かったですよ。地獄篇と煉獄篇のラストシーンはほんとに、全文学作品のなかでも至上のものだと思います。
 
 
芥川龍之介は、正宗白鳥の「ダンテ論」を読み解きつつ、ダンテ「神曲」の感想を書いているんですが、その作品に美というものがあったと、そこに関心を持ったと言うことを書いていて、それから、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」や大作「ファウスト」におけるヒロインの原形となったとも推測されているフリーデリケの美しさ、可憐さと比べながら、ダンテもまた、永遠に女性的なるものへの夢を持っていたことを指摘しています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/bungeitekina_amarini_dante.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください