草枕(2)夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「草枕」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
旅の途中、雨に打たれ、男はある茶屋に立ちよった。老婆から茶をもらい、火に当たらせてもらって服を乾かし、雨上がりにまた山道をぶらぶらと旅してゆく。
 
 
作中で、主人公の画家が、長沢芦雪の話をするんですよ。思わずグーグルで検索して調べました。すると芦雪の作品集のサイトがあったんですよ。最近、こう作中の作家や時代や有名人を、検索しながら読むというのが癖になっているんですが、なかなかおもしろいんです。wikiや博物館や新聞社の情報と一緒に、古い小説を読むと、なんとなく時代が見えてくる気がします。
 
 
あと、この草枕の時代には、日露戦争が起きている、ということになっています。このころの報道の問題が、wikipediaに記されていて、興味深かったです。
 
  
それから、漱石の好んだジョン・エヴァレット・ミレーの「オフィーリア」の油絵についてさっそく記されていました。
 
 
さいきん、この漱石の記したオフィーリアの絵が好きになりすぎて、夢の中にまで出てきました。みずうみで、白い服を着たまま水につかり、オフィーリアごっこをする女が、おぼれそうになるのを助けにいく、というわけの判らない夢でした。
 
 
草枕では、どうもこの旅路を花嫁衣装に身をつつんだ美しい女がかつて通りすぎていったと。それから、三角関係に悩んだ女の、川への身投げについての昔話が、知らされます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/kusamakura02.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください