花をうめる 新美南吉

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は新美南吉の「花をうめる」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは新美南吉の、随筆です。童話の王様のような作家なのですが、随筆もやっぱり子どもの頃の記憶の話です。しかもいっとう幻想的なもので、とても興味を惹かれました。
 
 
幼いころに、落とし穴のようなものを作って遊んだというのですが、これがじつに不可思議なもので、手のひらほどしか無い穴をほる。そして穴になにを埋めるかというと、花を埋める。それから見つからないようにふたをして砂をかぶせて穴を隠して、きれいにする。鬼の役の子どもは、その土の中に隠された花をさがすわけなのですが、興味の中心は、どのように美しい花が、土の中に隠されているのか、その見つけたときの美しさが、子どもたちの遊びの中心だったそうです。
 
 
子どもの頃は、どの街でもやっている「けいどろ」やけん玉のような一般的な遊びもあれば、誰もやっていなかった遊びというのもたしかにあったなあと、思いました。
 
 
自分がごく幼い幼稚園の頃にやったあそびでは、お医者さんごっこというので、氷をもってきて、氷で手術ごっこをする、という遊びでした。麻酔も氷、メスも氷、患者の役は冷たくてけっこうつらいという、わけの判らない遊びで、たしか大人に見つかって止めさせられたという記憶が残っています……。
 
 
このまえ、平安時代の遊びをやっている人を、見たんですが、貝あわせといって、貝殻に描かれた源氏物語などの絵を、2枚あわせて、ぴったり合うと成功という、現代のスポーツやゲームと比べると考えられないような緩いルールのゲームが主流だったそうです。そこでも、なんというか、美しさの発見が遊びの中心だったようです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/hanao_umeru.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください