海潮音(14) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の海潮音その14を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、おそらく上田敏がもっとも意識を集中して翻訳した詩だと思います。「神曲」を書いたダンテの詩です。
 
 
……今回のは、とくに良かったです。海潮音のたぶん、もっとも中心的な詩なんだと思います。語彙が不足しているので上手く言えないんですが、とにかく忘れがたい詩です。海潮音に、ちょっとでも興味がおありでしたら、ぜひ今回は読んでみてください。あのダンテが、愛について記しています。ダンテ神曲の大長編の、地獄篇の終盤のところの興奮や、あるいは浄化篇のクライマックスの感動に、匹敵するような、完璧な詩でした。いやそれよりももっと、ぜんぜん私的で繊細な愛の詩なんですけど。
 
 
何度か読んでいると、なにか多様に表情を変えてゆくように思える、モナリザのほおえみのように、印象が変わり続ける詩に思えます。
 
 
心も空に」というのは、「心もうつろで。ぼんやりと。うわのそらで。」という意味ですし、作中で「怖ろしい荒神さえも、うるわしく存在しているように思える」とか「愛は馳せさり、馳せさりながら泣いている」と、両極端なことを書いているんです。
 
 
作中に書かれる、あえかな君、というのが、どういう人か、と何度か読み返していました。じつに謎めいた詩だと思います。
 
 
むずかしい言葉を調べてみました。

もののあはれ
 
應(=応)え   (※ただの旧字です)

あえか
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/kaichoon14.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください