天災と国防 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
  
今日は寺田寅彦の「天災と国防」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。これは100年も前に書かれた本ですが、全く錆びついていません。
寺田寅彦は戦前の知識人の中で、2011年の大震災後にもっとも売れたんです。寺田寅彦は夏目 漱石のお弟子さんでもあった知識人です。難しい問題を平明に読み解いていて、納得のいくところが多いと思います。寺田寅彦は、日本という国土の形じたいが、日本人の重要な精神性を形作っていると説いています。僕はこういう自然と科学と文学の三つがみごとに鼎立している評論が好きです。自然界というのが人間の技術や知識をはるかに上まわって厳かに在るということを、訴えているように思います。ぜひ本文をお読みください。
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/tensaito_kokubo.html
(約15頁 / ロード時間約30秒)
 




top page ・本屋map ・図書館link おすすめ本 ★本を購入する





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください