源氏物語 朝顔

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
 
今日は源氏物語の朝顔を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
源氏の義理の母である藤壺が亡くなった頃に、朝顔の斎院という姫君の父も世を去りました。
ですから源氏は朝顔の姫君に心を重ねているのではないでしょうか。


朝顔の斎院という姫君は、とても位の高い女性であるようです。源氏が付き合ったり結婚したりした女たちよりもさらに高貴な人物のようで、そのことで紫の夫人が「自分より位の高い女が源氏の家系に入りこんでは、自分の居場所が無くなってしまうのではないか」と心配してしまうほどなのでした。


皇統の血を受けつぐ高貴な女王(朝顔の姫君)はしかし、自分のことを謙遜していて、「みずからはあるかなきかの朝顔」のようなものだ、と述べるのでした。女王(朝顔の姫君)は、源氏からの求婚を丁寧に断ってゆくんです。


源氏は、女王(朝顔の姫君)と懇意となって結婚しようとしています。だんだん、源氏の社会に於ける一夫多妻の結婚というのがおぼろげに判ってきたように思えます。小さな村を作ってそこに一緒に住んでください、というのが、源氏が求めていることの中心のようです。


源氏は、この朝顔の帖で、今は亡き藤壺の生涯を思いかえしています。女王(朝顔の姫君)や紫の夫人の側に、もう一人の見えない登場人物が居る、というような印象が残る帖です。


ところで、この帖で女王(朝顔の姫君)が「昔というものは皆夢でございまして、それがさめたのちのはかない世かと、それもまだよく決めて思われません境地にただ今はおります私ですから……」と言うのですが、なんとも不思議な言葉だと思いませんか。紫式部はそのあとこう書いています。

だからこの世は定めがたい、頼みにしがたいのだと、こんな言葉の端からも源氏は悲しまれた。

この帖では、「夢」が重要な言葉として何度も書き記されています。
 
 
 
  
前回のあらすじ(wikipediaより)
 
光源氏31歳冬から32歳秋の話。明石の御方は悩みぬいた末、母尼君の説得もあって姫君を源氏に委ねることを決断する。雪の日に源氏が姫君を迎えに訪れ、明石の御方は涙ながらにそれを見送った。二条院では早速盛大な袴着が行われ、紫の上も今は姫君の可愛らしさに魅了されて、明石の御方のことも少しは許す気になるのだった。翌年、太政大臣(頭中将と葵の上の父)が亡くなり、その後も天変が相次いだ。不安定な政情の中、3月に病に臥していた藤壺が37歳で崩御。源氏は悲嘆のあまり、念誦堂に篭って泣き暮らした。法要が一段落ついた頃、藤壺の時代から仕えていた夜居の僧が、冷泉帝に出生の秘密を密かに告げた。衝撃を受けた帝は、実の父を臣下にしておくのは忍びないと考え源氏に位を譲ろうとしたが、源氏は強くそれを退けた。
 
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/20asagao.html
(約40頁 / ロード時間約30秒)



登場人物表

タブレットやPCで古典を読む方法はこちらを参考にして下さい。

源氏物語 紫式部作 與謝野晶子訳
 
第一帖 桐壺
第二帖 帚木
第三帖 空蝉
第四帖 夕顔
第五帖 若紫
第六帖 末摘花
第七帖 紅葉賀
第八帖 花宴
第九帖 葵
第十帖 榊
第十一帖 花散里
第十二帖 須磨
第十三帖 明石
第十四帖 澪標
第十五帖 蓬生
第十六帖 関屋
第十七帖 絵合
第十八帖 松風
第十九帖 薄雲
第二十帖 朝顔
第二十一帖 乙女
第二十二帖 玉鬘
第二十三帖 初音
第二十四帖 胡蝶
第二十五帖 螢
第二十六帖 常夏
第二十七帖 篝火
第二十八帖 野分
第二十九帖 御幸







 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください