馬鹿七 沖野岩三郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は沖野岩三郎の童話「馬鹿七」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
僕は古い本でこっけいだと感じたことはあまりないんですが。これはすらすら読めるんじゃないかと思います。そんなばかなということが書いてある。落語の雰囲気があります。落語は道徳に対するカウンターカルチャーで、けっこうむちゃくちゃなことを言っている。それで笑う。スッキリして帰る。ホラー映画と似たような方法論でやっているように思えます。落語は盛り上がっているキーワードそのものを切り取るとむちゃくちゃなことが書いているんですけど、声や表情や周囲の観客のゆったりとした気配と一緒にして見るととても穏やかだ、というのが不思議です。一箇所を切り取るとひどいんですけど、全体を見るとずいぶん落ち着いている。


これは馬鹿な気分になって読める童話です。馬鹿に明るい男「馬鹿七」が主人公で、タヌキがいっぱい出てきます。
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/bakashichi.html
(約15頁 / ロード時間約30秒)
ケータイ・スマートフォンでも読めるモバイル対応テキスト版はこちら





top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください