愛 宮本百合子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は宮本百合子の「愛」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
これは憎悪と愛ということについて作家が思索した、ごく短い随筆です。
 
 
創作物を食い物だと考えた場合、ヘドロや汚物にしか見えないものは食べない、と思うのですが、でも外国人には理解できなくても、ぼくは納豆を食べるのが好きだし、鯛のお頭の目玉のところも美味しく食べる。ある土地の人は「土」を食べたりするそうです。土ですよ。土。フランスの高級料理としても出されるそうですよ。調理法を知らないぼくたちが食べたら、100%体調を崩します。でもその土地の人は土の採取方法と調理法を知っているので、土を美味しく食べる。人によっては毒物にしか思えないものでも、他の人にとっては良薬であったりする。でも食べたものって確実にその人に影響するわけで、例えばぼくの場合具体例を挙げるとここ最近、推理小説との食い合わせがすごく悪くなっています。十年前はほんとうに好きだったんですが、ある時から急に、まったく受け付けなくなってしまって、それで、そっちのほうがぼくの暮らしにはちょうど良いなと思うようになりました。それで古典やルポルタージュをよく読むようになりました。
 
 
新しいものに手を出す時は、それなりに下調べというかレシピを見て、それはいったい誰のために作られたものなのかを考える癖ができたんです。《自分のような人のため》を思って作られたものなのか、あるいは自分が尊敬している人と関わりがある創作物なのかどうかを考えてみるんですよ。自分の環境は自分で整えるしか無いので、良い影響があるものを選べる、という力をつけてゆきたいです。
 
 
宮本百合子の随筆を少しだけ読んだのですが、この方は書くことに迫力がありますね。読んでいて恐ろしくなることがあります。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/ai.html
(約4頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください