猫 豊島与志雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は豊島与志雄の「猫」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
豊島与志雄が、飼っている猫のことを日記のような筆致で書いています。
豊島与志雄は、フランスロマン主義文学のレ・ミゼラブル(ああ無情)の翻訳をした方なんですが、エッセーもおもしろいんですよ。やっぱり良い翻訳の仕事をしている人は、エッセーもおもしろい。
 
 
有名な文学者は、名作の翻訳をしていることが多いです。たいていの文学者が「翻訳の仕事をすると文学や文章の構造が判ってくる」ということを述べていますし、翻訳の業界は奥が深いですね。ぼくは英語がからっきしなので、yahoo翻訳と英和辞典を使いながら、どうしても訳したいものを訳すのですが、いくら複数の辞書を使っても、意味が判らない歌詞とかがたくさんあります。幼い頃から言語に親しんでこなかったので、むずかしいです。
 
 
古い詩の翻訳、ということになってくると、情感を創造する「詩人としての仕事」と、当時の情報を正しく集める「知識人としての仕事」と、言語を理解する「翻訳家としての仕事」と、たくさんの仕事を同時にこなさないといけないように思います。それを自然に出来る人って学問の基礎体力がすごい、と思います。
 
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/neko.html
(約8頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください