晶子詩篇全集(13) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は「晶子詩篇全集」その13を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は少し、旅日記というような雰囲気の詩篇になっています。伊香保温泉を旅しています。古いものというのは今でもけっこうそのままに残っている場合があるんですね。木霊という話もあって、なにかこう、神道を基盤とした気配が強いと思いました。それから夢の中での出来事のような物語を童話のように描くことで詩を作っていて、こういう詩もあるんだなあと思いました。与謝野晶子は「詩の多様性」ということを意識して作っていたのでは、と思いました。
 
 
木魂は声の霊、
如何に微かなる声をも
早く感じ、早く知る。
常に時に先だつ彼女は
また常に若し。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
 
https://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu13.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください