ゲーテ詩集(2) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(2)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテの本が好きなんですが、今日ぼくはこの詩を読んでいて、これはゲーテの詩なんですが、じつは翻訳者の生田春月という人が創った詩を読んでいるんじゃないのか? と思いました。ぼくはドイツ語が読めないのではたしてこれがゲーテっぽい詩なのか、それとも生田春月っぽい詩なのかが判定できないんですが、なんかどうもこう、詩を読んで思い浮かぶものが、18世紀ドイツのライプツィヒという感じでは無くて、20世紀初頭の日本という感じがするんです。いやしかし内容はやっぱりゲーテの考えたことがそのまま日本語になっているはずなんですが。
 
 
外国から、いちばん持ち込みやすいものは「映画」で、もっとも輸出入が難しいのが詩だ、という話しを聞いたことがあります。アメリカンジョークに一度も笑ったことが無い人は多いですが、ハリウッド映画は1本くらいはみんな見ています。勢いのある関西弁を英語に翻訳するのはそうとう難しいと思います。詩は土着的なものや私的なものが中心にあって、そのために翻訳が難しいのではないのかと思えます。当時の日本詩人の、ドイツ文化への憧れ、というのが詩の中にはっきりと混じり込んでいるように思いました。100年前の日本と、250年前のドイツを同時に楽しめる詩集なんじゃないかと思っています。
 
 
無頓着な女

清らかに晴れた春のあさ
若くて美しくて苦勞を知らぬ
羊飼ひの娘は歌ひながら行つた
その歌は野末に響いて行つた
ソララ!レララ!
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/goetheanthologie02.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください