うつす 中井正一

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は中井正一の「うつす」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
wikipediaで知ったんですが中井正一は京都学派という哲学者集団から生まれた評論家なんです。その中井正一がインドの典型的な物語を紹介しています。まさに典型的と言いますか、王様の前で2人の画家が美しい壁画を描けと命じられます。1人は極彩色の極楽をみごとに描きだした。そしてもう1人の画家は、壁を磨きに磨き続けている。これを読んでいて、手塚治虫の「火の鳥 鳳凰編」を思い出しました。さいきん、子どものころに読んでいた本やマンガや、そして映画の、その原典を辿ってみるというのが個人的にとてもおもしろくて、これのもともとの出発点はどこにあるんだろう、といつも思うようになりました。
 
 
火の鳥 鳳凰編でも2人の仏師が朝廷の前で競い合います。それで最後に、大仏を作る側と、その権威から追放されて、山々や大木に美しさを見いだす我王とが描かれているのですが、自然界のありのままのすがたに、主人公がうたれるというシーンが忘れがたいです。手塚治虫が、この中井正一の「うつす」を読んで、この物語の構想を練ったのかどうかは不明です。しかしながら、同じことを考えようとした。ぼくはあの手塚治虫が、この「うつす」を読んで物語を作ろうとしたのではないかと想像します。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/utsusu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください