ゲーテ詩集(13) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(13)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテの詩はスターシステムとでも言うのか、決まった登場人物というのがあって、美しい少女と、青年と、そして老人というこの3者が象徴的に登場するようです。「愛人の傍」という詩に興味が湧きました。見つめる、ということだけですでに、なにか大きな意味があるんだという話しを聞いたことがあります。花は見つめると育つ、とか言いますが、いっけん非論理的なようですけど、たしかにそうかもしれないと思います。見つめることによって水が不足しているとか、陽光が不足していると言うことに気付くわけですから、よく見てその内実を想像することがまず重要になるようです。
 
 
わたしはおまへを思ふ、海の方から日光が
   わたしに照り返すとき
わたしはおまへを思ふ、月の輝きが
   泉に影をうつすとき

わたしはおまへを見る、遠くの路の上に
   塵のたちのぼるとき
夜ふけの狭い橋の上に旅人が
   ふるへて立つてゐるとき
 
わたしはおまへを聞く、鈍い音を立てて
   むかふに波の躍るとき
静かな森へ行つては耳を傾ける
   すべての声の絶えたとき
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/goetheanthologie13.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください