ゲーテ詩集(20) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(20)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
生田春月は、ハイネとゲーテの詩集を翻訳したんですが、ゲーテの詩は自分にはとほうもなさすぎる、と書いていてゲーテの精神と距離感を感じた、と記しているのです。
 
 
正確にはこう書いています。「ハイネにあつては、私はなほ或點までat homeであり得たし、また二人の間の懸隔がこれ程に甚しくはなかつたのであるが、ゲエテに於ては、私は宛もこの見すぼらしい姿でワイマルの宮廷にでも導かれたやうな當惑を覺えずにはゐられなかつた」
 
 
ゲーテは荘厳なことを描くんですよ。夜の闇の中で、私は光り輝く星のような存在として、あなたの目の前に現れる、と書いているんです。ちょっと、すごいです。こんな詩です。
 
 
 入日が山の頂きを
 黄金(こがね)の色に染めるとき
 思ひ沈んでゐるその美しい人は
 それをぢつと眺めながら
 小河のほとりをぶらぶらと
 牧場に添うて行く
 すると路はだんだん暗くなり
 はやわからなくなつてしまふ

 その時不意にわたしは姿を見せる
 きらめく夕の星のやうに
 
 
 
 
思ひ沈んでゐるその美しい人
という言葉が忘れられません。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/goetheanthologie20.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください