ゲーテ詩集(23) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(23)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
詩の中の、おまえ、というのはどういう人なのだろうかと想像していました。神秘的な存在感です。今回の詩が良いんですよ。ちょっとこれは暗記してみたいです。憶えてみれば、詩集を常に手にしているに等しいわけで、これは記憶してみたいです。暗記するには、これが語られる周辺の事情を知ってみて、声に出してみると良いらしいんですが。あるいはいったん機械的に憶えてみるのが良いのでしょうか。詩の一節に、甘い平和よ、という印象的な言葉があるのですがこれはきっと、ゲーテののちの時代のドイツの大戦中に、この詩を手帳に書き写して読んでいた人が居るのだろうと思いました。
 
 
おまへは天からやつて来て
すべての苦しみ、痛みを鎮め
二重の苦悩になやめるものに
二重の囘帰の力を充たす

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/goetheanthologie23.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください