ゲーテ詩集(35) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(35)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今日の詩は、なんだかゲーテという幸福な文学者の体験したものをかいま見るような、そんな詩です。詩というよりも掌編小説のような雰囲気があります。文学者ゲーテのそのまなざしを、一瞬だけですが、体感できるような詩です。
 
 
今日もゲーテ詩集を翻訳した生田春月の詩の一部を紹介しておきます。


影の弾く曲 (生田春月全集3 P107)   生田春月

人なき部屋に
ふたりゐて
もの云はぬ時の
きみが眼は、
などかく熱く
身にぞ沁む。

あまりに燃えて
なまめけば
恋のおもひの
なき人は
燃ゆるおもひに
くるしまん。

抑へてすぎし
人ならば、
われをおろかと
おもはずて、
さし向ふべき
人ならじ。

ものも云はずに
ふたりゐて、
なすべきことの
外になき
人とし今は、
われも知る。
 
 
 
 
ゲーテの「訪問」という詩が好きになったのですが、詩を通して隠された秘密へと、少しずつ入ってゆく過程がすごく良いんだろうなあと思いました。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/goetheanthologie35.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください