白痴(29) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その29を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この物語はおおよそ200年くらい前のことが描かれているんですけど、本文にこう記されています。
 

この国には実際的な人がいない。たとえば政治的な人は多く、将軍などといったような人もかなりに多い。また、支配的な位置に立つ人も、どんなに必要が起ころうとも、すぐにあつらえむきの人がいくらでも見つかるのである。しかし実際的な人となるといっこういないのである。
 
 
今回の章を読んでいると、ほとんどのロシア人が個性を持たないのに、権力欲がある、みたいなことが描かれています。ロシアならではの権力欲があった、ように思えてきます。すくなくとも果実の豊かな南国には権力欲という概念が生じにくい。鴻大で寒冷な大地に生きるロシア人には権力への意思があって、それが20世紀ソ連という世界最大の共産主義を支えたのかもなあーとか、デタラメな感想を抱きました。

わが国の乳母たちにさえも将軍の位がロシア人の幸福の絶頂と思われているのであり、したがって、これは静かな美しい幸福というものの最も普遍的な国民的な理想であったのだ。
 
エパンチン一家は、物語の序盤から出てきていたんですけど、この一家の雰囲気を端的に言い表している一文はこういうのです。
 
 
……(略)……毎日毎日、寝ても覚めても口論していたのである。しかも同時に夫や娘たちを、身をも忘れて、ほとんど煩悩ぼんのうといってもいいくらいに愛していた。(略)リザヴェータ・プロコフィエヴナがあらゆる不安をのがれて、本当に心を安めることができたのは、生まれてこのかたわずかにこの一か月ばかりの間であった。いよいよ差し迫ったアデライーダの婚礼を機縁として、アグラーヤの噂も上流社会に立つようになってきた。
 
 
エパンチン一家はムイシュキン公爵と遠い親戚関係なんですけど、どうもこの「白痴」と呼ばれる公爵と、どう付きあえば良いのか判らない。本文はこうなっています。リザヴェータの抱く、娘アデライーダと公爵への思惑です。


あの子は急にすばらしい娘になった——なんていうきれいな子だろう、ああ、なんてきれいなんだろう、日ましにきれいになってゆく!ところがどうだろう!ところが、ここにけがらわしい公爵めが、よくよくの白痴ばかものが現われるやいなや、何もかもがまたもやごちゃごちゃになってしまって、家のなかが、がらりとひっくり返ってしまったのだ!
 
 
ドストエフスキーは自分の人格をみごとに腑分けして、さまざまな人間性を描きだしているんですけど、今回は主人公のムイシュキン公爵というのが結婚できない男になっている。ドストエフスキーにもそういう、結婚の出来ない時期はあったようなんです。そういう感性を描きだしている。けれどもドストエフスキーは、ムイシュキン公爵のように完全に孤高というか単身者というような男では無い。家族との密な関係性を、第一編と第三編の初めに、エパンチン一家として描きだしている。そうすることによって、ただ一人の人間として生きるムイシュキン公爵の人格が浮き彫りになってゆくように思われました。
 
 
今回の終盤の文学論がみごとなんです。ロシアの文学では「ロモノーソフプゥシキン、それとゴォゴリ」だけが「ただこの三人だけが、それぞれ、何かしら本当に自分のもの自分独得ヽヽヽヽのものを語ることができた」と言うんです。「何か自分のもの」という表現が迫力ありました。借りものばっかりでいつも済ませてしまおうとするだけの自分としては、この批評的表現が響きました。
 
 
ぼくは世界史に疎いんですけど、以下のドストエフスキーの考察が、百数十年後のソ連共産主義国家誕生の歴史に繋がっているというのは、なんとなく理解できました。
 
 
ロシアリベラリズムなるものは現存せる社会の秩序に対する攻撃ではなくて、わが国の社会の本質に対する攻撃であり、ただ単に秩序、ロシアの秩序に対する攻撃であるばかりでなく、ロシアそのものに対する攻撃でもある。

主人公はこの問いかけに対してこう返答している。

あなたのおっしゃられたロシアリベラリズムは、実際のところ、単にわが国の社会の秩序ばかりではなしに、ロシアそのものをも憎んでいるような傾向があるようですね、いくぶん。
 
 
主人公へのこの問いかけが印象に残りました。

地上の楽園というものはむずかしいものです。ねえ、公爵、あなたの美しいお心で考えていらっしゃるものよりは、ずっとずっとむずかしいものです。
 
 
いま第30回あたりに差しかかっていますけど、第50回で「白痴」は完結します。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi29.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


かえるの王さま グリム兄弟

今日はグリム兄弟の「かえるの王さま」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
グリムは、子供向けに書いているのに、なんだかブラックユーモアが効いていて、大人が読んでも面白いんですよ。「かえるのことなんか、きれいにわすれていました。」というセリフの入れ方の前後の構造がほんとに、みごとだなと思いました。
 
 
王様がむすめに対してきびしすぎてひどいんですけど、けっきょく王様は正しくって、慧眼があった。不思議なはなしでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/der_froschkonig.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(20)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その20を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 
「二月の雨」という詩が、静かで美しい作品でした。音色のことを描いた詩なんです。良い音楽は人を静かにさせるんですけど、詩にもそのような効果があるように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko020.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(28) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その28を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
主人公ムイシュキン公爵が、美人のアグラーヤに送った手紙のことで、親戚のお母さんであるリザヴェータは、たいそう憤慨している。恋文を送ったんじゃないかと危ぶんで、これを検分する事態にまで発展した。じっさいの手紙の文面が検証されてしまったりする。
 
 
「あの子は甘やかされてきたもんだから」わがままだと母のリザヴェータは言うんです。娘のアグラーヤはどうもほんとに主人公を気に入ってしまったらしい。「気に入ったとなると、きっと大きな声で悪口を言ったり、面と向かい合っていやみを言ったりするんですよ。私も娘のころはちょうどあれと同じでした」と述べて、絶対にアグラーヤと結婚しないように説教するんです。公爵は真っ赤になってうなずいた。本文こうです。
 

わたしはあんたをまるで神様のように待っていました(ところが、あんたはね、それだけの価値のない人でした!)。わたしは毎晩、涙で枕を濡らしましたよ。
 
ドストエフスキーは重大な会話文のところで(かっこ)をつけることがたまにあるんですけど、これ、どういう音声なんでしょうか。ひそひそ話の部分と言うよりも、つけ足して言う感じなんでしょうか。それとも黙考している部分なんでしょうか。
 
 
近代の日本文学で、血の通った女を描ける人がすごく少ないと思うんですけど……、ドストエフスキーは女の描写も迫力があるなあと、改めて思いました。今回の終盤おもしろいんですよ。白痴を全文読まないけど、どういう小説なのか知ってみたい方は、今回の白痴28(第二編 十二)を読んでみてください。10分くらいで読めますよ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi28.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


外米と農民 黒島傳治

今日は黒島傳治の「外米と農民」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
近代になぜ興味がわくのかというと、そういった本が0円だというのもあると思うんですけど、今と地続きなのに、まったくちがう世界を知ることが出来て、そこが魅力になっていると思います。古い漫画に「未来人」という銀色のタイツをはいたカッコ悪いかんじの人が出てくるんですけどああいうかんじで未来を知っていながらその時代を読んでいるわけでそこがちょっと面白いんだと思えてきました。
 
 
干ばつのために、米農家がうまく稼げずに、安価な外米を食べている事情について記されています。玄米というと現代では健康食なんですが、昔は玄米を手作業で白米にしていた。銀シャリとか言われますけど、手作業で精米していたら銀の発掘くらい手間暇がかかるだろうと、思いました。
 
 
飢饉に強い甘藷さつまいもさえ駄目になるほど干ばつがひどかった、と黒島が書いています。
 
 
米だけは、日本は国産品が一番美味しく感じられるわけで、現代でも唯一外国米が喜ばれるのはパエリアとかタイカレーに使われるインディカ米くらいなんじゃないでしょうか。調べてみるとチャーハンには外米のほうが硬くて美味しいらしく、中国人が日本食を食べると、日本のお米はちょっと柔らかすぎるように感じるそうです。

 
関係ないですけど、中国では自動でチャーハンを作る機械があるそうです。動画を見てたら、めっちゃ美味しそうに見えました。
 
 
栄養学によれば「住んでいる土地に出来るその季節の物を摂取するのが一番適当な栄養摂取方法」なのだそうです。たしかに旬の果物とか、地元の野菜は美味しい、と思います。本もそういうところがあるかもしれない、と思いました。旬の本とか映画が面白い。近代文学や古典は、干物みたいで塩分過多かもしれません。外米を工夫して炊いて食う、その詳細の描写が興味深かったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/gaimaito_nomin.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(19)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その19を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 

「日和山」という詩が印象に残りました。三重の鳥羽市は志摩の日和山から見た入江のことを描いているんですけど、せる美神ヴェニユスの肌のように美しい、なにもかも微笑むような入江……これがギリシャの風景のようだ、と与謝野晶子が記しています。
 
 
みだれ髪は1901年(明治34)に発表されたんですけど、その約10年後の1912年ごろに、与謝野晶子はシベリア鉄道に乗って、モスクワを経由してパリへ渡航しています。鉄道でヨーロッパまで……すごい旅路ですね。与謝野晶子はギリシャには行ってないんですけど……もうすこしのちの時代で余裕が生まれていたら、与謝野晶子はきっとギリシャを旅して紀行文を書いて、神話を研究したんだろうと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko019.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(27) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その27を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ドストエフスキーの作品には、誤解が原因でひどい暴言にさらされる人がしょっちゅう現れるんですけど、誤解が解けると、恨みがさっぱり消え去ってしまう、というのが良くあるんです。じっさいこれまでのはなしでは、主人公ムイシュキンが悪漢ロゴージンからあらゆる難儀を受けているんですけど、それについてなにか恨みを抱いたりするところがないです。
 
 
えーと、近代の西欧とロシアの小説を読んでいると、馬車というのが象徴的に出てきます。これは現代で言う高級車よりもさらに迫力のあったもんなのかもしれないなと思いました。ナスターシャはガーニャの家族と対立しているんですけど、世間とは意外と上手く関わっているようで、こういう描写がありました。
  

ナスターシャ・フィリッポヴナはきわめてつつましやかに身を持して、衣裳も派手ごのみではなく、というよりはきわめて優れた趣味が現われているので、貴婦人たちは彼女の『趣味、美貌、幌馬車』を羨望せんぼうしてやまない……

ナスターシャはこの物語の中でもっとも重大な人物なんですけれども、登場回数は意外と少ない。たいていはナスターシャ不在で物語が進展します。ナスターシャはまず、ガーニャと結婚するはずだったけど、彼とものすごく仲が悪く、どうも他の人と結婚しそうである、というところから物語が始まっています。初めはガーニャの人格に問題があるのかと思われたんですが、どうもそれだけではない。
 
 
ナスターシャの不在、ということがそもそもこの物語に於いて重要なモチーフになっているようです。あの温和なはずの主人公が、こういうことを考えるんです。
 
 
……あの女ヽヽヽには恐れるべき目的があるに違いない。とすれば、どんな目的であろうか? 戦慄せんりつすべきことだ!『それなら、どうしてあの女ヽヽヽを思いとどまらせたらいいのであろう? あの女ヽヽヽが自分の狙いを定めたとなると、どうしても思いとどまらせることは不可能だ!』それはもう公爵が今までの経験でよく知っていることである。
 
 
ケルレルはムイシュキン公爵から金を借りたくってこんなことを言います。「あなたの淳朴な気持に接するだけでも楽しいのです。あなたと膝を交えて語るのは愉快です。少なくとも、今、僕の前にいるのは最も善良な人だってことがよくわかりますからね」公爵はこういうのはただのお世辞だと分かっている。不思議なことに、作者はお世辞じゃ無くって主人公を淳朴で善良に描こうとしたわけで……お世辞なのにほんとのことを書いたりしている。
 
 
公爵はケルレルの考えてしまった「悪魔のような考え」のことを理解している「この二重ヽヽな考えと闘うのは恐ろしく困難なのですから」と助言さえするんです。
 

それからコーリャがこういうことを言うんですけど……
 
ワーリヤがとても可哀そうなんです、ガーニャも可哀そうです……二人は、いつもきっと、何か悪企みをしているに違いないんです。

この文章の後の記述が印象に残りました。ふつう憐れみの対象は、無辜の者として美化してしまいますよね。ドストエフスキーはそういうことをしないで、可哀想な奴は悪いことをする側面がある、と考えているようなんですよ。一人の人間について、善悪の両面を見ているところが氏の特徴なんだと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi27.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本