罪と覚悟 オー・ヘンリー

今日はオー・ヘンリーの「罪と覚悟」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

古典的作家が犯罪を書くと……まったくの絵空事ではなくてリアルですし、けどじっさいの犯罪ドキュメンタリー番組を見たときの言動とは、かなり異なっている。作家はなにか当人の人間的な生のいとなみを描きだそうとするわけで、善悪の葛藤があるというよりも、善悪が入り混じっているような感じでおもしろいんです。
 

金庫破りのジミィは刑務所から出所すると、スペンサーという新しい名前をなのって、真面目な仕事をしはじめたのだが、ある日おとずれた銀行で…………つづきは本文をご覧ください。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/tsumito_kakugo.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



白痴(2) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ロシアのイメージというと、なんとなく冷戦時代のアメリカ映画が造り上げた、仮想敵国としての厳格な雰囲気、というのがあるんですけど、ドストエフスキーはまったく異なるロシアのペテルブルクを描きますよ。時代も違うんですが……ドストエフスキーは、エパンチン将軍を紹介するのにこう書いています。
 

彼は自分の頭の中に専制的な気持をもった人間としてよりは、むしろ他人の理想を実行する者「お世辞なしに他人に従順な」、あまつさえロシア人らしく人なつこい人間という風にさえも自分を見せかけるのが好きであった。
 
ドストエフスキーによれば、典型的なロシア人って、人なつっこい人なんですねえ。
 
  
現代ロシアにも通底していることが書いてあって「ロシアには、死刑ってものがない」と記されている。と言っても作者のドストエフスキーは死刑宣告を受けたことがあるんですけど……。
 
 
ドストエフスキーが生きたのは1821年から1881年。調べてみると、ドストエフスキーが生まれる70年くらい前に女帝エリザヴェータが死刑を禁止(1744年)してこれで20年間死刑が執行されなかった。ところがドストエフスキーの生きているころは暗殺や死刑がおおくって、彼の死後1910年ごろや1920年ごろには死刑執行が激増し、1940年前後のスターリン時代がもっともひどかったそうです……。で、現代ロシアでは死刑が禁止されている。ドストエフスキーは死刑のことについて、こんかい作中でこう書いています。
 
死刑たるや魂の凌辱りょうじょくにほかならない、ただそれだけだ。『殺すべからず』と聖書には書かれています。それだのに、人が人を殺したからといって、その人を殺してもいいものでしょうか? 断じて、そんな法はない。僕は死刑の場を見てから一か月になるけれど、いまだにまざまざと眼に見えるようです。もう五度も夢みたほどです
 
 
それから「宣告文を読んで人を殺すのは、強盗が人を殺すことよりも、もっと、比べものにもならないほど恐ろしいことです。」とムイシュキンに言わせているんですけれども、ロシアのドストエフスキー後の歴史をちょっと調べてみると、この文学の射程がとても長い……100年以上読者を魅了しつづける文学の魅力を感じました。
 
 
あとギロチンの話題などがありました。wikipediaと同時に読んでいると、なんだかすごい人類の歴史を学んだ……ような気分になりました。ムイシュキンは死刑にされる者の苦しさについて、ついに「キリストもいっています」とさえ言ってしまう。このあたりの饒舌は、聖なる愚者という気配があって迫力がありました。
 
 
物語はこう進展します。「将軍の三人の娘たち」は「三人が三人とも美人」で「娘たちについては賞讃すべきことが、数かぎりもなく伝えられている」……ドストエフスキーは、ベタなところも深いところも、両面を備えているのが特徴で、主人公ムイシュキンは、こういった家族のところに「お近づきになろうと思って」やって来る。主人公ムイシュキンとエパンチン将軍夫人は、とおい親戚なんです。
 
 
ムイシュキンは、初対面でもしょうじきにいろいろ話してしまう男で、「おめでたい人」だと思われてしまったり、かなり好かれつつイライラさせもする性格をしている。ムイシュキンは、エパンチン将軍にはじめて面会することになった。次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi02.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
 
 
 
 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



ハイネ詩集(79)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その79を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネ後期の詩は、諧謔に富む、ウィットの効いた……というような、えーと若い頃の詩とやっぱりちがう、独特のおかしみがにじみ出してくる楽しい詩でした。
 
 
小説の場合は、とくに大長編のばあい、長い時間をかけないと、むつかしくって入ってゆけない。ところが詩だと、パッと見えてくるんです。詩ってすごいな、とハイネの後期の詩集を読んでいて思いました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine79.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



聴衆0の講演会 中井正一

今日は中井正一の「聴衆0の講演会」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これなんだか妙に面白い随筆だったんですけど、まず第一文目から奇妙なんです。「夢のような終戦」と書いている。飢餓がいちばん過酷だった敗戦後の数年間のことを「夢のような」って書くんだ、すごいなあと思って、読んでみるとほんとになんと言えば良いのか「暗澹」とした時代に「夢」のことが書いてある。やりたいこと、文化的に言って価値の高いことに、中井正一が挑んでいる。自由に講演会を行って、表現と研究が好きなように出来る、そのことについて、中井はこう書いています。

昭和十二年に反戦論者の疑いで弾圧をうけてより、同じく十六年に自由の身となってより、二十一年までは、予防拘禁におびやかされ通したこの十年の後に、はじめて、あたりまえのことを自由に語れることは、瞳孔がしまるほどの眩めくような明るい軽いおもいであった。
 
中井は自身の仕事として「文化遺産を万人の手に、雨が降って土を崩しながらしみ透ってゆくようにしみわたってゆかなくてはならない。」と記している。ところがじっさいに講演会をやってみると、苦しい時代だったから、誰も聞きに来てくれない、という状況にいたった。時代が中井正一に追いついていない。
 
 
自由になったら、じつはとくに何もできず自分の能力の限界が明らかに見えてしまったって、けっこうな悪夢だと思うんですけど、中井正一はそのことを滑稽な事態のように、おもしろく記すんです。母親しか講演会に来てくれなかったとか、死ぬほど恥ずかしいことだと思うんですけど、そういうことを書いていて笑いました。すごい真面目なことだけを書いているのに、どうしてこんなに感情を動かされるんだろう、と思いました。この随筆の後半まで、なんとも浮き足立ってる印象が強くて、そこが気になるんです。中井は学者や知識人同士で理論や学問の「堅牢化」つまり深化をはかると同時に、広く一般大衆に、かんたんでわかりやすい言葉で、学問の重要なところを伝えねばならないと考えている。
 
 
大衆に受けないのは何故なのか、中井は真摯に探究するんです。知らない言葉に対する嫌悪感、というのを一つ指摘している。これって近代文学時代から、重版のかかる現代文学への変化にも通じていることだなと思いました。この一文が印象に残りました。
 
必ず大切なことは、他のことばでいいなおして、二度ずついってやると、はじめてうなずいてついて来るのである。
 
このあとの数行の指摘がすごかったです。例を出して言う。たとえ、ということをほんとうに真摯にやらないといけない。詳しくは本文をご覧ください。終戦から氏の最後の一文までの7年間、中井正一の随筆と思想はどう展開したんだろう、いつか知ってみたいと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/choshu_zerono_koenkai.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



白痴(1) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その1を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今日からドストエフスキーの「白痴」を読んでみようと思います。ペテルブルグの鉄道の中から物語がはじまるわけなんですが、これがどこにあるかというと、世界地図でみると、こちらがペテルブルグの場所です。ロシアは広いですから、日本のすぐ近くにもロシア領のオホーツクがあるし、フィンランドのすぐ近くのサンクトペテルブルグもあって、こういう遠い異国の物語を読めるのは嬉しいなあと思います。時代の違いのみならず、地理の違いがすごそうで、wikipediaによれば、意外と夏は暑くなって35度を超えることもある。しかし真冬はマイナス30度を下回る極寒の地です。日本の平均的な場所なら真冬でも0度に行かないくらいです。
 
 
熱を持つイメージが、ドストエフスキーが好きなのは、こういう地理的な理由があるんだなとか思います。ドストエフスキーは作中にこう記していますよ。
 

……灰色の、小さいながらも、燃えるような眼をしていた。
 
……この顔を見て眼につくのは、死人のように青ざめた顔色で、それがこの青年に、かなりにがっしりした体格をそなえているにもかかわらず、疲憊ひはいしきったような風貌をあたえていた
 
スイスからやって来た、病持ちの男ムイシュキン。彼は病人でありながら旅をしている放浪者でもある。療養できる地を探して、スイスにしばらく滞在して、行き場のあても無いのにロシアはペテルブルグにやってきた。地主貴族ニコライ・アンドレーヴィッチという遠い縁者をたよってこの地を訪れた主人公ムイシュキン。
 
 
それと縮れた黒髪に浅黒い顔をした体格のいいロゴージンという、成金みたいな怪しい男が現れる。この男が父から譲り受けたと噂される250万ルーブルの遺産は、現代の日本円に換算すると……225億円くらい……なんですよ。19世紀後半の100万ルーブルで、現代の90億円くらい。まあ噂だからそんなに金持ちじゃ無い。野蛮なロゴージンの恋愛話のなかで、ナスターシャという美人が登場する。これが今回の物語のヒロインなわけなんですが……次回に続きます。
 
 
鉄道で出会ったムイシュキンのことを、ロゴージンは妙に気に入ってしまった。主人公ムイシュキンも、この荒々しい男ロゴージンが好きになった。それで、ロゴージンは、ちょっと家まで来いと言うんです。これは……いったいどうなるんでしょうか。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi01.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
2
 
3
 
4



★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



ハイネ詩集(78)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その78を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネ晩年の詩をいま読んでいるんですけど、今回の「秘密」という詩はハイネの哲学的思索を垣間見られる、美しい詩でした。ハイネはロマン主義的な恋愛詩をおおく記してきたのですが、今回のはまたそれと異なる詩なんです。異国に住まう哲学者の断片的思索を覗いているような、そういう詩でした。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine78.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



こども風土記 柳田國男(41)完

今日は柳田國男の「こども風土記」その41を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
こども風土記は、今回で完結です。この本が発表された時期は、作中に「昭和十六年十二月十四日/伊豆古奈の温泉において/著者しるす」と明記されているんです。その頃の年表をwikipediaで見ていると、柳田國男は戦前・戦中・戦後と、三つの時代を学者として生きつづけたんだなと思いました。作中の「鹿・鹿・角・何本の遊戯のこと」に関する、この記述が印象に残りました。
 

この問題を起してくれたアメリカの学者に通信し、同時に各地の書状の主ぬしに感謝の意を表したい

ちょっと当時の新聞を調べてみると、1941年のほんのすこし前までは普通にこう、ディズニーのモノクロアニメが日本の映画館で上映されていたりしたんですよ。
 
 
柳田は、シカ遊びにかんして「我々の一つの仕事は明治以前の文献の中に、これを記したものが全く無いということを確かめることであるが、それは容易ではないだけでなく、記録に無いということは実はまだ当てにはならない。」と指摘し、サイレントマジョリティーについて考えている。

 
作中で柳田は子どもの特徴について「印象に忠実な人たち」と記している。このあたりの記述がスリリングなのですが、1860年代における印象派絵画の発祥の状況と、通底している箇所があるなと思いました。また、やはりこれらの流行り遊びは海外から来た記録がさまざまに出て来た。
 
 
明治の初年、高田の女学校で教育を受けた老女が、この遊戯を知っている。この学校には米国の宣教師に特に子どもが好きで、本国の色々の遊戯を教えて遊ばせていた人がある。この人去ってのち一つずつ無くなってしまったというが、鹿々もその一つのように思うとのことである。




 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki41.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本