ヒロシマの声 豊島与志雄

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は豊島与志雄の「ヒロシマの声」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
最近ダンテの神曲地獄編を読んでいて、危機について描かれた文学を探して読んでいます。原爆投下から数年後の広島では、かつてそこで暮らしていた人たちが少しずつ帰ってきたという描写がされています。占領軍によって情報が隠されてきたと豊島与志雄は言うのですが、むしろ現代の情報よりも根本的なところでは正確な描写に思えました。とくに、もうこのような危機を起こしてはならないという、考え方と方法論の記述は、現代の政府や世間で言われていることよりも明確で正しいと感じました。敗戦後には平和憲法が根付いたのに、311後に原発輸出が推進されるのは日本にとって巨大な損失でしかないと思います。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/hiroshimano_koe.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.