こども風土記 柳田國男(32)

今日は柳田國男の「こども風土記」その32を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ふつう、学者の随筆を読むとなると、その文章に記されている意味内容を考えてゆくもんだと思うんですけど、柳田國男のこんかいの章はとくに、もはや方言の音の面白さを感じてゆく、語感を楽しむというエッセーになっていると思います。
 
 
オカタ、ウバ、アッパ、アンマ、オバゴト、オンバゴト、オンバイゴト、バッジョ、バッコー、ナンコビ、ゴコトンボ……。と不思議な語感の言葉がつづきます。いくら東大卒のクイズ王でも、これらの言葉がいったいどこの、なんのことばなんだか、判らないんじゃないかと思います。
 
 
ところで、ネザンバというのはじつは「おねえさん」という意味だそうですよ。そんなことおぼえても一生役に立たないと思うんですけど、おぼえてしまいました。ゴコっていう日本語も謎めいています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki32.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





見えざる敵 海野十三

今日は海野十三の「見えざる敵」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは古典的なSF小説なんですけど、上海が舞台の1945年以前に発表された科学小説ってなんか独特な雰囲気あるなあと思いました。海野十三は未来のことを見据えつつ書いていて、読者としては過去の世界観を見つめようとしてこれを読んでいるわけで、時間軸が交差していて、そこが絶妙な気配を生じさせているように思うんです。
 
 
透明化する新技術と、失踪事件というのが混在した状況が描きだされていて、オチが見えてくる寸前のところで謎が生じている。謎が謎のまま存在している時間に、物語の魅力があるなあ、と思いました。
 
 
なんだか現代にも共通したことが描かれていて、100年経っても起きていることはそんなに変わらないのかもしれない、と思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/miezaruteki.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(68)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その68を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

おゝジェンニイ、わたしはおまへを見てゐると/むかしの夢を思ひ出す!
 
というごく普通の詩の一節が、はじめとおわりに2回、繰り返されるんですけど、この言葉の印象がほんの数十秒でまるで変化するのが、これが詩の不思議なんだと思いました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine68.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(31)

今日は柳田國男の「こども風土記」その31を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田は、方言について滔々と書き記してゆくんですけど、じつはあの希代の俳人である一茶も、方言についていろんなことを書いている。柳田が読んだ一茶の「方言雑集」っていうの、いつか読んでみたいなあーと思います。
 
 
母親を示す言葉だけでも、日本の方言にはほんとうに多様なものがある。方言を中心にした、オノマトペみたいに聞こえてくる幼児語というか、地方それぞれの語感の楽しさを「こども風土記」を読んでいると感じました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki31.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





料理メモ 北大路魯山人

今日は北大路魯山人の「料理メモ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これもう、つい数年前に読んだんですけど、もっかい読んでみました。そういえば江戸の握り寿司の起源は、忙しい労働者が屋台の立ち食い屋さんでパッと栄養のある美味いもんを食う、そういうニーズがあったから生まれたもんで、起源を知ると食べものに対する意識も変わるなあと思いました。
 
 
ぼくは小さい頃に、貧乏だとおいしい物が食べられなくなると、勘違いしていたんですけど、じっさいにはかなり金が無くっても、スーパーで旬の食材が安く買えるわけで、旬のサンマや、時期がぴったりなミカンとか、ビックリするくらい旨いですし、これより美味しい物はたぶんいくらお金をかけても世の中に、めったに存在しないわけで、店で美味いものを探す時間さえあれば、良いものは食えるわけなんですけど、北大路魯山人の「料理メモ」を読んでいると、やっぱり食べ頃がだいじなんだとわかるんですけど、美食家の魯山人は、こんなことを書いていました。
 

*極力新鮮を採れ、畑からじかが一等。たけのこ、まつたけなどは採取後も育って変質さえする。
*名高き野菜も古くては無名の新鮮に劣る。
 
魯山人は河豚の刺身が最高だとか、あと「えびいもは京都駅裏の九条」が美味かったと言うんですけど、九条のえびいも、というのは聞いたことが無い。九条葱は現代も有名なんですが、ちょっと調べてみると、えびいもは、猿が田畑を荒らす時に唯一被害が出ない食材なので、猿が多い地域で栽培されることがある、そうです。こちらのJA京都のページもご覧ください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/ryorimemo.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(67)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その67を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、絶妙に面白かったんですけど、そういえば作曲家のモーツァルトは笑いが大好きで、平生の手紙にも、とっても変なことをいっぱい書いたそうなんですけど、ハイネは普段から、おもしろいことを書こうとしたのでしょうか。
 
 
ふだん、暗くて神秘的で美しい詩ばかりを書いているハイネとの、今回の詩のギャップがすごいなと思いました。あまり関係はないんですけど、wikipediaで「諧謔」について、同時に調べてみました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine67.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(30)

今日は柳田國男の「こども風土記」その30を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回も不思議な習俗が描かれていて、ままごとと、宅配の仕事の中間みたいな、子どもたちが作ったごはんを配って歩いたようなことがあったらしいです。本文こうです。
 

東京などの小さな女のは、カランコロンと口で木履ぽっくりの音をさせつつ、何べんでも御馳走ごちそうをじじばばのところへ持って来てくれる。
 
そんな遊びの風景が、むかし日本にあったらしいです。「オフルマエゴト」や「フルミヤッコ」という方言。なぜそのような言葉が出来たのか、その理由について、言っている当人たちがもう知らない、という指摘があったんですが、なんとも幻想的な事態だなと思いました。知っているようで知らないのが日本だなと思いました。

そうして多分もうその理由が忘れられているだろう。
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki30.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本