流浪の追憶 坂口安吾

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は坂口安吾の「流浪の追憶」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
坂口安吾の書く文章は、ごく一般的な書き方で、とくに詩の技法や小説の技巧を使っていないんですけど……文章全体が詩的だ、という印象の随筆でした。この随筆には、安吾が事実とはまた異なる世界観に住んでいるためにそれが事実と齟齬を来すことがあることについて、書いていたりしました。
 

酔余すいよ素敵な女に会った。忘れかね山を降りて会いに行ったら印象とまるで違った女の様子に這々ほうほうの態で逃げ出したことがあった。
 
あと、キューブリックの映画『シャイニング』にそっくりな状況を記した箇所が迫力ありました。こういうのです。
 
…………この温泉は春ひらいて秋とざす。一冬八十円の報酬で留守番を置き残し一同下山するが、春に訪れてみると大概番人は…………
 
つづきは本文をご覧ください。大正から昭和初期の時代は謎めいているなあ、と思いました。
 
 
古里の幼なじみと逢ったあとの展開とオチがみごとなんです。坂口安吾は、ドストエフスキーをそういうように愛読していたのだというのを知って、驚きました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/rurono_tsuioku.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください