ドストエフスキーに就いて 片上伸

今日は片上伸の「ドストエフスキーに就いて」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
片上伸は、トルストイと比較しつつ、ドストエフスキーの特徴をこう記しています。

彼の性格の欠陥は随分人並外れたものである。彼は随分いろんな意味で底抜けである。その為に随分苦しんだり困ったりしている。それでいて彼はその苦しみや、それを招いた自分の性格の欠陥を真向から相手取って闘つてはいない。彼には自分の性格の矛盾というようなことを問題にして心を苦しめているようなところがない。特別にその矛盾や欠陥をどうかしようとしたりしているところがない。

それでドストエフスキーの謎めいた魅力のことをこう書いています。
 
ドストエフスキーは実にどういう意味に於いても「猫のようなエナジー」を有った人であった。
 
ぼくは哲学者ウィトゲンシュタインの生き方を、ずっと調べて追いかけているんですけど、このドストエフスキー論で述べられているsimplicityという言葉に面白さを感じました。ウィトゲンシュタインはその初期哲学に於いても、複雑に入り組んだ哲学問題を論じるにあたって、「人の知ることはすべて三語で語られうる」というキュルンベルガーの考えを述べ、さらに多くの哲学問題は、語りえぬことを記したにすぎず、それは沈黙するより他なく、すべての哲学問題は解決したと述べていて、極めてシンプルに全体を捉えた。ところがウィトゲンシュタイン本人とその周辺環境は複雑に入り組んでいて、単純では無い問題が堆積していた。片上伸はドストエフスキーについてこう記しています。

彼は寧ろ珍しく幸福な人だと言わねばならぬ。彼の性格の複雑深刻を一貫するシムプリシテイーの力を解する人ならば、必ず彼を幸福だということに同意するであろう。
 
ドストエフスキーについて論じられた「彼の性格の複雑深刻を一貫するシムプリシテイーの力」という指摘は、これはウィトゲンシュタインにもある箇所で当てはまる考えだなと思いました。ドストエフスキーの善悪の描き方は、非常に独特なんです。ヒーローものの映画や、悪辣な小説とは完全に異なっていて、一枚岩では無い、すごいリアリティーを感じるんですけど、今回の片上伸の文末の指摘がドストエフスキーをみごとに言い表しているように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dosutoefusukini_tsuite.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(23)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その23を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
   

今回、与謝野晶子が豚を描いているんです。近代の豚っていったいどういう存在だったんだろうと、思ったんですけど、漱石の『夢十夜』の最終話にも、これが出てくるんです。ユーモラスな存在として描かれています。
 
 
wikipediaをみると、日本の豚の歴史は意外と長くって、古墳の時代から豚を食べていたようで、古事記や万葉集の時代に「当時は日本でも豚の飼育が行われていた」そうです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko023.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(31) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その31を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 

アグラーヤは偶然にも、ふたたび公爵に出逢います。そこで、作家プーシキンの決闘について語りあったりします。
 
 
銃に関する話が妙に面白いんです。ドストエフスキーは娯楽小説を書いても凄いだろうなと思いました。アグラーヤは銃撃のやり方にみょうに関心があるんです。技術的なことには詳しいのに、銃撃がなにを引きおこすかについてはほとんどまったく考えていない。
 
 
破天荒な物語を、今ここで読んでるわけなんですけど、これは完全な空想話では無くって、じっさいにプーシキンやドストエフスキーは派手でドラマチックな人生を歩んでいて、その結果が物語に投影されている。
 
 
ナスターシャの起こした事件を振り返りつつ、アグラーヤの暴れぶりについて話し合われるんですけど、主人公ムイシュキンとしては、もはやナスターシャは理解のおよばぬ危機的な人間として認識されている。もはや彼女について語ることが出来ない。いっぽうでアグラーヤには理解できる人間性がある。語ることの出来なくなった事物の、代わりのものというのが、ドストエフスキーの文学では特徴的に出現するように思えました。ドストエフスキーが語ることが出来ない、じつの父殺しの問題や、検閲と死刑の過酷な国家に対する、それらの記すことの不可能な言葉の代わりこそが、ドストエフスキー文学なんだと思えました。アグラーヤに対する父の思いが記された記述は、こうです。

でも、僕は、ねえ、君、あの子が可愛い、笑うのがかえって可愛いくらいだ。そして、どうもあの子は、鬼の子はそのために僕を特に好いてるような気がする。つまり、ほかの誰よりも好いてるらしい。これは賭をしてもいいくらいなんだが、あの子はもう何かのことで君のことを嘲弄したに相違ない。

アグラーヤは、主人公を秘密のベンチにいざないます。そこで……再び奇妙な話しをするのでした。主人公はこう考えています。

アグラーヤが一同の者、わけても彼、公爵をばかにしているということは、彼も全く信じて疑わなかった。しかも、いささかの屈辱をも彼は感じなかった。彼のつもりではむしろそうあるべきはずのものであった。明日の朝早く、また彼女に会えるということ、緑色のベンチに彼女と並んで腰をかけ、ピストルの装填法を聞かしてもらって、彼女の顔をしみじみと見ることができるという、ただそれだけのことが、彼にとっての最も重大なこととなっていた。


ナスターシャはじつは、アグラーヤと主人公ムイシュキンを結婚させようと思って、そのための邪魔になるエヴゲニイを追い出そうとして狂態を演じた、らしいんです。それはどうもほんとにそういうことらしい。
 
 
今回の章で、とつぜん暴漢ロゴージンとムイシュキン公爵が出逢うんですけど、それ以前に出逢ったのは、公爵が持病で倒れる寸前に、彼を襲おうと待ちかまえていたロゴージンだったんですけど、それがなんというか、事態や感情と齟齬を来していて、違和感があります。作者もこのシーンをどう描いたらいいのか戸惑っている感じがしました。公爵の言い分はこうでした。

実は君は僕の命をとろうとした、だから、それがため君の恨みが残っているんだ。はっきり言うけど、僕はただ一人の、あの日、十字架をやり取りした、あのパルフェン・ロゴージンを覚えているだけだ。…………(略)…………ようく言っておくけど、あの時のことは何もかも、ただ、いやなたわごとだと僕は思うんだ。

「十字架の兄弟ロゴージンを覚えていて、どすを振り上げたロゴージンを覚えていないと、こう手紙には書いてあった」とロゴージンは述べるんです。非常にむずかしいシーンのように思いました。ロゴージンとムイシュキン公爵は、ナスターシャについて再び話し合う。


ナスターシャは自己を犠牲にして、幸福や資産を譲りたいという思いがあるようです。それを理解した上で、公爵はナスターシャが既に正気を失っていると判断しているんです。ナスターシャの行動は結果的に幸福をもたらさないように思えるのですが……ロゴージンと結婚をしようというナスターシャはもしかすると、女の姿をしたキリストとして描かれているのではないのか、というような空想をしました。そうじゃない証拠は、作中に山ほど見つかるんですけれども。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。白痴は第50回で完結します。縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi31.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


笑わない娘 小川未明

今日は小川未明の「笑わない娘」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
小川未明は児童文学の王道だと思うんですけど、はじめに題名どおりの謎があって、それと共にヒロインの魅力があって、謎を深める世事があって……と、分かりやすいけど飽きさせない工夫が凝らされているなあ、と思いました。
 
 
それから美しいむすめに笑ってもらうために、さまざまな挑戦をする。作者がやろうとしていることと、作中人物がやろうとしていることが共鳴していて、そこが魅力になっているように思えました。
 
 
謎の種明かしが壮大すぎて、ハッとしました。小川未明は小さいことを書いているようで、世界全体を捉えるのが凄く上手いんだなと思います……。
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/warawanai_musume.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(22)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その22を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
   
人と鳥を描いた歌が美しかったです。鳥を描いた作品というと「王と鳥」とか「幸福な王子」というのを思いだしました。
 

ゆるされし朝よそほひのしばらくを君に歌へな山の鶯
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko022.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(30) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その30を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
主人公の公爵は、賢いのか愚かなのかよくわからない。人によっては賢者だと判断するんですが、たいていは愚かな人だと思ってしまうんです。本人はこう言っています。

僕が口に出してはいけないような理想、高遠な理想があることを申し上げたかったのです。なぜ、口に出してはいけないかというと、僕が話をすると必ず、みんなを笑わしてしまうからです。

その公爵に対して、アグラーヤが急に怒りはじめるんです。激怒するんですけど、どうもおかしい。本文こうです。
 
ここにいる人はみんなあなたの小指ほどの値打ちもないんですよ、あなたの知恵、あなたのお心は、こんな人たちにはもったいなさすぎるのですよ!あなたは誰よりも潔白で、誰よりも高尚で、誰よりもおきれいで、誰よりも善良で、聰明なおかたなんです!

ドストエフスキーの登場人物は、好意がありあまってしまって、ひどい暴言の応報になることがよくあるんですけど、今回のも奇妙でした。ムイシュキンの独特な愚かさが、他の登場人物に伝播してゆくんですよ。
 
 
アグラーヤと、序盤に登場したヒロインナスターシャは、公爵を目の前にして、かなり共通したことを言うんですよ。重要なことは幾度か繰り返す、というのが文学の技法だと思うんですけど、ドストエフスキーの小説のこの重ね合わせ、重奏というのは、みごとで毎回うなるんです。
 
 
主人公はどうも、自身の抱える空白によって、他人にも真っ白な意識が伝播してゆくようなんです。日本語訳で白痴のこの白、というのがどうもムイシュキンを如実に言い表しているように思えました。潔白で、頭の中が真っ白になる、そういう公爵なんです。急に考えごとにふけって、問いかけにもまったく反応しなかったりする。美人のアグラーヤとその母から、必然的にいじめられるんです。けれども、どうもみんな公爵が好きでしょうがないようなんです。アグラーヤが怒ったり泣いたりしてから、急にみんな笑い始める、という描写に迫力がありました。アグラーヤは主人公に、公園に秘密のベンチがあることを教える。これがちょっと謎めいていました。
 
 
それからついに、もっとも重大な女性が登場するのですが、そこで作者も主人公も、いったん名前が出てこないんですよ。その文体にしびれました。そういえば源氏物語でも重要な時ほど、主人公の名前が明記されないんです。
 
今にしてようやく、あの女が忽然こつぜんとして姿を現わした刹那せつなに、彼は、おそらく第六感によってであろう、ロゴージンに語った自分のことばに何が不足していたかを、はっきりと理解したのである。恐怖、まぎれもない恐怖を言い表わすのには、ことばが足りなかったのだ!彼は今、この瞬間に、それを完全に直覚した。

ここから先の記述が凄かったです。「ナスターシャ・フィリッポヴナのことばは雷のように彼をたたきのめしたのである」という記述通り、ヒロインが開口した途端の言葉がショックで、恐ろしい小説だと思いました。
 
 
ナスターシャと見知らぬ青年士官との血塗れの諍い。これに思わず割って入ったムイシュキン公爵は、全身を震わせながらナスターシャの危険性を訴えていたのでした。次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。白痴は第50回で完結します。縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi30.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


万葉びとの生活 折口信夫

今日は折口信夫の「万葉びとの生活」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
折口信夫の本は難しくて細部まで読み込むことが困難なんですが、理解できる箇所もあって、読んでみると興味深かったです。「思想史よりは生活史を重く見る私共には、民間の生活が、政権の移動と足並みを揃へるものとする考へは、極めて無意味に見える。」という指摘は、元号の変わる時に、現代の評論家が指摘していた問題にも関係しているように思えました。近代の本を読んでいると、今の時代に分からないなと思うことがらが、なんだか遠回りして氷解することがある気がします。むつかしい言葉をやさしい現代語で書いてくれる人が居たら良いんだけどなあと思いました。本文では、記紀や古事記のことがいろいろ記されています。こういうのです。
 

(略)……すくなひこなとの競走に、糞ではかまを汚した童話風な話があり、あめのひほことの国争ひに、蛮人でもし相な、足縄投げの物語りを残してゐる。醜悪であり幼稚であることが、此神の性格に破綻を起さないのである。普通人其儘の生活を持つことが理想にもとるものではない。
 
 
『夫に対して嫉妬心を抱くな、感情的にならず冷静に話し合う事』という「女大学」の教えに対して折口信夫が、いやそうじゃない、嫉妬は必要なもので愛情と深い関わりがあって「愛の葛藤の道徳を認めてゐた」万葉人の時代には、理想的な生活には必ず存在していたのが、まさに嫉みだったと書いています。正確な記述はこうです。
 
……多くの女の愛情を、身一つに納める一面には、必、後妻ウハナリ嫉みが伴うてゐる。万葉人の理想の生活には、此意味から、女の嫉妬をうける事を条件とした様に見える。

妻敵メガタキうちは近世まで、武士の間に行はれてゐ」て「これを面晴れと考へる武士」がいたんですけど「教養あるものは、笑うてゐた」……復讐のためなら相手の家を「大ぜいで攻めかけて壊して来る。其が悪事とは、考へられてゐなかつたのである」という話しに、おどろきました。
 
 
現代の学者の話ならば、普通はえげつないことを書かないと思うんですけど、折口信夫の話を読むと、ホラー映画かサスペンス映画を見ているかのように、えぐい箇所があるんです。それでこの折口の批評としては、女大学をはじめとした多くの文献に嫉妬への関心が無い理由は「家庭生活に対してすこぶるる冷淡であつた」からだと指摘している。古事記や日本書紀には、嫉妬が記されていると、いわのひめのみことを見なさいと言うてはります。wikipediaで確認してみただけでも、そうとう面白かったです。
 
 
おおくにぬしは、実在したのか、しなかったのかという問題で、折口はこう指摘しています。

おほくにぬしの肉体は、或は一度も此世に形を現さなかつたかも知れぬ。併し、拒む事の出来ないのは、世々の出雲人が伝承し、醞醸して来た、其優れたたましひである。

古事記のオオクニヌシのことを中心に書いていました。wikipediaと同時に読んでみました。
 
 
折口信夫はオオクニヌシのことを大変重大視してるんですけど、そのオオクニヌシの性格を「愚かなること猫の子の如く」と書いたりもする。折口信夫のものの考え方はなんというか柔和なところがあるんだなあと思いました。オオクニヌシの危機に直面する技術のこと、長く生き残ってゆくことを書いています。
 
択ばれた人ばかりでなく、凡俗も機会次第に永久の齢を享ける事が出来るもの、と思ひもし、望みもした。此はおほくにぬしの生活を、人々の上に持ち来たさうとする考へが、外来思想によつて大いに育てられたものと見てよからう。
 併し初めには不死の自信がなかつた為に、生に執著もし、復活をも信じたのである。
 
ところで、現代ではオオクニノヌシ(だいこくさま)は、こういうように語られていました。このページも面白かったです。

 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/manyobitono_seikatsu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本