計画 ボードレール

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はボードレールの「計画」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは富永太郎訳のボードレールの短編小説なんですけれど、凡そ計画からはほど遠い夢想を次々に繰り広げる男の物語なんです。なんだかゴーギャンが描いたタヒチの風景を連想しました。そういえばゴーギャンはフランスを捨ててタヒチで暮らしたし、ランボーもフランスから離れてアフリカに生きた。ボードレールはフランスに居ながら「悪の華」を記した。wikipediaでフランスの芸術家のことを調べているだけでも、当時のフランス芸術の熱気が伝わってくるように思いました。

「私は今日けふ夢に、同じ様な楽しみのある三つの棲処すみかを得たのだ。私の魂はこんなに軽々と旅をするのに、なぜ私の身体からだの居場所を変へなければならないのだらう! 計画だけでも充分な快楽だのに、何でその計画をやり遂げようとするのだらう?」
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/keikaku.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 






明かりの本は新サイトに移行しました!

URLの登録変更をよろしくお願いいたします。



明かりの本 新サイトURL

https://akarinohon.com

(Windowsでもなめらかな縦書き表示になるようにちょっと改善しました)








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: