王さまの感心された話 小川未明

今日は小川未明の「王さまの感心された話」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
  

この世界せかいつくられましたときに、三にんうつくしい天使てんしがありました。
 
 
という一文からはじまる、小川未明が描きだす天使の物語なんですが、子どものころに感じていた世界のいくつかは、小川未明がつくったものが、たとえば絵本やこどもの教育番組を経由して、知らぬ間に人びとの心に堆積していたのではないだろうかと思うような、典型的というか内在的というか、印象深い童話でした。
 
 
最初の3段落1ページぶんを読んで、こういう空想を幼い頃にえんえん考えていたのを思いだしました。
 
みんなは、それぞれこの世界せかいつくられるはじめてのことでありますので、なにかに姿すがたえなければなりませんでした。
「よくかんがえて、自分じぶんのなりたいとおもうものになるがいい。けれど、一姿すがたえてしまったなら、永久えいきゅうに、ふたたびもとのような天使てんしにはなれないのだから、よくかんがえてなるがいい。」と、かみさまはもうされました。
 
 
このあとに現れる王様の、その正直さ間抜けさ好奇心の強さが、良いんだなあーと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/osamano_kanshinsareta_hanashi.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(76)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その76を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

何処につかれた旅人の
いこふべき地はあるだらう?
 
 
ではじまり「空はわたしを取りめぐる」という詩の言葉が記された今回の詩なんですけど、ハイネは暗いことばを滔々と詩にしたためた。200年間という時の流れのなかで、文学の歴史に埋もれて消えそうになっている詩集を今回読んでみたんですけど、どこかへ行ってしまったままの人びとが残した言葉を読んでいるような印象がありました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine76.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(39)

今日は柳田國男の「こども風土記」その39を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「鹿遊び」は外国から入ってきたかもしれない。柳田はどちらかといえば国内発祥だと考えているわけですけど、可能性としては海外から来た遊びだということはありえるし、その実例を柳田國男が示していて、これは事実だろう、と言っています。


柳田は「鹿遊び」に関して、外国から来たものと、日本にそもそもあったものが都市や地方によってまだらに存在していたようだと、考えているようです。
 
 
たしかに、明治以前は海外から遊びの情報が入らない時代があったわけで、この江戸から明治にかけて生じたものを研究すると、海外文化と日本文化の入り混じりようが見えてくるようです。
 
 
現代に流行している遊びは、電子的なものが多いわけで、最新機器とこどもの遊びがリンクしていたりする。
 
 
現代で言うなら、子どもたちの「待ち合わせ」や「大人のマネ」や「ダンス」の変容は、携帯やタブレットの普及とともにどのように変化しているか、といったことを調べると、柳田の調べているような時代と文明の変化が捉えられる気がします。
 
 
柳田は未だ不明なものの解明を目指しているわけで、なんだか暗闇の中でゾウを触った男たちの噂話、みたいな謎めいた話しになるもんだと思いました。
 
 
柳田は、滋賀県で生じた「レイボン」という子どもたちの謎の言葉を追っています。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki39.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





私が十四五歳の時 森林太郎

今日は森林太郎の「私が十四五歳の時」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
文豪と言えば秀才で、なんでも知っていてなんでも記憶しているように思えるし、じっさいにそういう記憶力のたしかさが記された随筆もあるんですけど、あの森鴎外(森林太郎)がこういうことを書いていました。
 

私が十四五歳の時はどうであつたか。記憶は頗るぼんやりしてゐる。私の記憶は、何か重要視するものに集中してゐるのだから、其外の物に対しては頗る信頼し難いのである。それだから自身の既往なんぞに対しては頗る灰色になつてゐるのである。或は丸で消滅してはゐないかも知れないが、少くも土蔵のごく奥の方にしまひ込んであると見えて、一寸出してお目に掛けにくい。
 
竹槍でイノシシを追って食べていたような、まるで原始的な子供時代の生活から、ドイツ語や文学を習熟するまで、いったいどんなふうに毎日勉強をしていったのだろう……と思いました。
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。
 
頗る



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/watashiga_jushigosaino_toki.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





ハイネ詩集(75)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その75を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「さやうなら、おまへ逹三人の恋人よ」という詩がおもしろくて、小説でこういうのはありそうにない、と思ったんですが、詩は独特な瞬発力があって意味内容が凝縮されている、と思いました。
 
 
今回あきらかに生田春月は、翻訳を失敗している箇所があるんです。ノイズがあると、よけいその内容を理解したくなるというところがあって、これってほんとうはどういう意味なんだろうと空想を広げられて、翻訳の魅力はこういうところにもあるなと思いました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine75.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





こども風土記 柳田國男(38)

今日は柳田國男の「こども風土記」その38を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これだけ徹底的に子供の遊びのことを書いているのを見ると、まったくおもっても無かったことに気づかされるんです。意味をわからずに遊ぶとか、意味が判らずに言葉を使う、ということはふつうは失敗だったり、まれなことなんだと思うんですけど、どうもそうじゃなくって、こどもの遊びの大半は、言葉の意味が判らずに遊ぶとか、なぜそういう遊びになっているのかじつは判ってないとか、そういう不明なものを不明なまま扱うことがじつは多いんだということが見えてきて驚きます。
 
 
大人になるまでに、テストや対人関係や仕事で、意味内容をきちんとおさえる、というクセがつくんですけど、遊びや子供の世界はそうじゃ無いことが多い。「シカシカつの何本」という遊びでも「シカ」が鹿という言葉だったことを知らずに遊んでる子供が多い。地域によっては、原形の「シカシカ」という意味が判ってないので「チケチケ」と変化してそっちを使ってずっと遊んでいたりする。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki38.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





一歩前進二歩退却 太宰治

今日は太宰治の「一歩前進二歩退却」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
こんど太宰治の長編小説を1冊、読んでみようと思うんですけど、今回は太宰の随筆を読んでみました。
 
 
これは1938年(昭和13年)の夏ごろに書かれた随筆で、wikipediaの年表と同時に読むと80年前の空気がちょっと伝わってくる気がします。
 
 
ごく短い随筆なんですけどなんだか奇妙で、作者を戯画化するだけにとどまらず、読者まで戯画化しているのがおもしろく感じました。禁書指定が常態化した第二次大戦中に、戦争の小説を文芸誌に書いた太宰治、という史実と、太宰治の作品はたいていメタ構造になっている、というのには何かしらの無縁ではない、文芸の要諦が隠されているような気がしました……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/ippo_zenshin_niho_taikyaku.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本