ハイネ詩集(82)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その82を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
花と真珠と星……。ハイネは今回この3つをシンプルに比較してみせるんです。2つを比較してみる、ということはほとんど無意識に誰もがやってみることだと思うんですけど、どうもそれだと文学的にならない。三者、現れたときにすごいと思う。漱石の描いた男女の三角関係や、ドストエフスキーの三つ巴の闘争。
 
 
後期になってから、ハイネの詩は洗練されてシンプルになったように思います。ハイネは、遠い世界を求める人で、じっさいに日本にまで詩が翻訳され、100年後にも詩集を読まれ、祖国ドイツからフランスに永住した作家で、こんかいなんだか、その遠く遠くというのが詩に現れていて不思議な詩でした。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine82.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください