与謝野晶子詩歌集(22)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その22を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
   
人と鳥を描いた歌が美しかったです。鳥を描いた作品というと「王と鳥」とか「幸福な王子」というのを思いだしました。
 

ゆるされし朝よそほひのしばらくを君に歌へな山の鶯
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko022.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(21)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その21を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 
与謝野晶子が歌に記す、神という文字は、どういう神だろうと思ってwikipediaを見ていたら、日本は八百万の神といわれるだけあって、その一覧が凄いことになっていました。
 
 
「うつくしき命を惜しと神のいひぬ」……美しい命が惜しいと神がいった、というのは唯一神はけっして言わないです。与謝野晶子が描く神は、人間的だったり、悩む存在だったりするように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko021.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(20)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その20を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 
「二月の雨」という詩が、静かで美しい作品でした。音色のことを描いた詩なんです。良い音楽は人を静かにさせるんですけど、詩にもそのような効果があるように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko020.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(19)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その19を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 

「日和山」という詩が印象に残りました。三重の鳥羽市は志摩の日和山から見た入江のことを描いているんですけど、せる美神ヴェニユスの肌のように美しい、なにもかも微笑むような入江……これがギリシャの風景のようだ、と与謝野晶子が記しています。
 
 
みだれ髪は1901年(明治34)に発表されたんですけど、その約10年後の1912年ごろに、与謝野晶子はシベリア鉄道に乗って、モスクワを経由してパリへ渡航しています。鉄道でヨーロッパまで……すごい旅路ですね。与謝野晶子はギリシャには行ってないんですけど……もうすこしのちの時代で余裕が生まれていたら、与謝野晶子はきっとギリシャを旅して紀行文を書いて、神話を研究したんだろうと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko019.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(18)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その18を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
   
日本の文学に登場するストレイシープというモチーフは、聖書から引用されていると思うんですけれど、もしかすると与謝野晶子のこの歌からもインスピレーションを受けたのかもしれない、と思いました。
 

水に飢ゑて森をさまよふ小羊のそのまなざしに似たらずや君


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko018.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(17)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その17を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「卑怯」という奇妙な題名の詩を読んでいて、これすごいなと思いました。与謝野晶子は自分の人生とちょうど逆側に居る、なんというか王道の文学者だと思うんです。現実の与謝野晶子の家族はじつに豊かな構成で、あまたの子供を育てながら、紫式部に匹敵するような歴史的な文学作品を残した。資本に置換したら大富豪と貧乏人の違い以上に、差が甚だしい。
 
 
ところが与謝野晶子の詩を読んでみると、貧しいものの感性をみごとに言い表しているなあ……と感じます。現代のコミュニケーション論で、似た者同士が仲良くするのはべつにコミュニケーション力なんて必要なくって、ぜんぜんちがう人の心を動かすのがコミュニケーション力なんだと言っていて、まあそれはそうだなと思ったんですけど……与謝野晶子という実例を見て、こういう力のことを言っていたのかと思いました。氏の詩歌は驚くほど遠くに居る人にまで届くように思います。紫式部に私淑する、という与謝野晶子の発言は、氏の文学の射程の長さにあらわれていると思いました。
 
 
むつかしい言葉を調べてみました。

西施せいし
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko017.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(16)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その16を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「悲しければ」という詩がすてきでした。

がたく悲しければ
我はひぬ「船に乗らん。」


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko016.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本