与謝野晶子詩歌集(19)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「与謝野晶子詩歌集」その19を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
  
 

「日和山」という詩が印象に残りました。三重の鳥羽市は志摩の日和山から見た入江のことを描いているんですけど、せる美神ヴェニユスの肌のように美しい、なにもかも微笑むような入江……これがギリシャの風景のようだ、と与謝野晶子が記しています。
 
 
みだれ髪は1901年(明治34)に発表されたんですけど、その約10年後の1912年ごろに、与謝野晶子はシベリア鉄道に乗って、モスクワを経由してパリへ渡航しています。鉄道でヨーロッパまで……すごい旅路ですね。与謝野晶子はギリシャには行ってないんですけど……もうすこしのちの時代で余裕が生まれていたら、与謝野晶子はきっとギリシャを旅して紀行文を書いて、神話を研究したんだろうと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko019.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください