与謝野晶子詩歌集(12)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「与謝野晶子詩歌集」その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
与謝野晶子の「みだれ髪」は、題名に「みだれ」とあるように、言葉づかいを意図的にみだして表現しているようです。「人かへさず暮れむの春の宵ごこち小琴をごとにもたす乱れ乱れ髪」と……当時この歌集を世に出せたのは、夫の与謝野鉄幹がすでに文学の世界で活動していて、その後押しを受けて、与謝野晶子の文学世界が花開いた。中期から後期の与謝野晶子は、もっとより落ちついた文体の詩に移行していて、この両方を読むと、与謝野晶子の文学が楽しめるんじゃないかと思います。
 
 

おもちやのくまを抱く時は
くまの兄とも思ふらし、
母に先だちく時は
母よりみちを知りげなり。
…………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko012.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください