故海野十三氏追悼文 野村胡堂

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は野村胡堂の「故海野十三氏追悼文」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
2019年3月11日で、東日本大震災から8年が経ちます。3月11日にはYahoo!で【3.11】と検索をすると寄付に繋がるようです。同時に、こちらで少額を寄付してみました。Yahoo!では震災と復興に関する写真と記事が投稿されています。今から読んでみようと思います。
 
 
えーと、それで今日の更新なんですけど、ぼくはずっと、すぐに廃れるコンテンツを作る仕事をしていたので、その反動で、長く愛読される作品が好きになったんです。海野十三は当時の最新技術を主に扱ってきたから、ほんらいなら……たとえばポケベルの物語が現代ではまったく意味不明になるように、すぐに読めなくなるはずのことを書いてるはずなんですけど、何年経っても、新鮮に読めるのがすごいなと思います。それだけ普遍的な事柄を抽出して書いているから、何年経っても読めるんだと思うんです。
 
 

野村胡堂が、海野十三の小説世界とあまたの読者について語っています。海野十三の作品は「透明猫」「発明小僧」「幽霊船の秘密」「見えざる敵」「什器破壊業事件」「鍵から抜け出した女」が読めます。
 
 
それから「海野十三敗戦日記」で、作家が空襲時と敗戦時にどのように生きていたのかを、垣間見ることが出来ました。これ以外の作品もいつか読んでみたいなあと思います。
 
 
野村胡堂は、こう記しています。
 
 

…………
 その青年は今はもう立派な弱電気の学者になり、さる学校で教鞭を執っているが、今でもなお海野君の愛読者たるに変りはなく、海野君に満腔の好意を持っていることを私は知っている。
 海野君の強さは、んなところにあったと思う。あの作品に通じている特色は、海野君の聡明さと、あの魂の美しさだ。
…………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/mudai_ko_unno.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
flash版はこちら
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください