自由なる空想 小川未明

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は小川未明の「自由なる空想」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

小川未明は児童のための文学を数多く描いたんですけど、今回は理論的な随筆を書いています。小川未明は社会主義者だった時期もあって、戦時中は転向せざるを得ず、戦後も生きて作品を作った童話作家なのですが1956年の74歳の時に、
 

雲の如く 高く
くものごとく かがやき
雲のごとく とらわれず

という詩碑を残しています。


未明の童話の美しい文体からはかなりかけ離れた、なんだかギョッとする文章が記されているのですが、すてきな芸術論でした。
 
我々は、常に、思想の自由を有している。空想し、想像することの自由を有している。外的関係が、心までを萎縮するとはかぎらない。

 
 
「笑わない娘」「王さまの感心された話」「赤い蝋燭と人魚」を併せて読んでみました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/jiyunarukuuso.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: