草野心平詩集 解説 中原中也

今日は中原中也の「草野心平詩集 解説」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。(原題は草野心平詩集『母岩』です)
 
 
今回は、草野心平の詩集は読めない……のですけど、中原中也が草野心平の詩について語っている文章を読んでみました。(草野心平の本はこちらで買えます
 
 
中原中也のごく短い随筆としても読めるんですけど、草野心平氏が不摂生な生活をしているので、早世してしまわないか心配している。自分の心配をしたほうが良いのに、他人の心配をしている。なんだかすてきな序文でした。ちょっと事実を調べてみると、草野心平氏は1903年の明治生まれで(当時の平均寿命は44歳なのですが)85歳まで生きています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kusano_shinpei_shishu_bogan.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(46) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その46を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
あと数回で白痴は完結するんですが、ここからどうも大きな事態が起きるようです。これから先は完全にネタバレですので、未読の方はこちらから本文のみをお読みください。公爵はこう考えます。

心のうちには、今日という今日、自分の身に、何かしら特殊な、最後の運命を決すべきほどの事が起こるであろうという期待が、だんだんと根を張っていた。

前回、公爵は話が盛りあがりすぎて感極まって、倒れてしまったわけなんですけれども、すでに体調はかなり回復しているようではある。
 
 
一方でイヴォルギン将軍はもう寿命を迎えようとしている。そういう時でもコーリャは公爵を見舞いに来てくれる。公爵は愚者なんだけれどもいろんな人たちから愛されている。ドストエフスキーは危機的な場面を描き尽くすことが最大の特徴だと思うんですけれど、なんと言えば良いのかよく分からないんですけど、氏の作品は土台がしっかりしているというか、ドストエフスキーは人々を肝心なところで欺かないと言えば良いのか、あまたの読者を迷妄に陥らせない凄い作家なんだと、思います。だいたい被害者遺族であったはずの作家が、加害者でしかない主人公の小説をえんえん書いた作品がある、というところで、この作家のえげつなさを感じます。
 
 
もう絶縁状態になってもおかしくない事態が起きた、ムイシュキン公爵と、リザヴェータ夫人たちなんですが、彼女は「もし気が向いたら、元どおり遊びにいらっしゃい。それはそうと、これだけは信じてくださいね、たとい、どんなことが起ころうとも、どんなことになろうとも、あんたはやはりいつまでもうちのお友だちなんですよ」と話しかける。そこの描写で、ドストエフスキーはこう書きます。

優しい、元気をつけるようなことを言おうとする純情な気短さのうちに、多くの残忍性がひそんでいたが、それにはリザヴェータ夫人も気がつかなかった。

純情な善意のなかにも危険性がある……というような、文章のはしばしに、片側のみに陥らないドストエフスキーの骨太な眼差しを感じました。それから、アグラーヤが奇妙な言づてを残していった。今日は晩になるまでけっして外に出ないでください、というものです。公爵はアグラーヤを愛しているのに、彼女の願いごとの反対のことばっかりをしてきてしまった。今回はどうなるんでしょうか?
 
 
そこに重い病のイッポリットがやってきて、ものも言えないほどになって血まで吐いてしまってから、凄絶なことを言います。これ……ドストエフスキーも大病をして死に近いところから文学を書いていたので、とてもこう、偽りだとは思えない心情の描写でした。
 
 
イッポリットは先日あんなに醜態を演じて憎悪の言葉を人々に浴びせていたのに、とっても良いヤツなんですよ。もう寿命が尽きそうなのに、他人の恋愛の心配までして、話すことに夢中でいる。もっとも憎い相手だと言い切った公爵に対して、もはやそんなことを忘れて、夢中で人々の生きざまについて語っていて、なんだか牢獄か凍土で死んだ人間の魂が、ドストエフスキーに直接乗り移って語っているんじゃないかというくらい、このあたりの描写が鬼気迫っていて、異様な感動を生んでいるように思えました。
 
 
白痴を全文いつか読んでみたいけれども、今は時間がない、という場合は、この第46回(第四編の八)の、余命幾ばくもないイッポリットの発言の部分だけを読んでみると、いつか何年後かに白痴を読む時に、ちょうど良い下地の記憶として残ると思います。今回の章は、お勧めだと思います。「帰る」という発言の真相が、述べられてゆくところが、ほんとうに忘れがたかったです。むしろ死者がドストエフスキー文学のトンネルを通りぬけて、生きて帰ってきたくらいの迫力がありました。
 
 
イッポリットは、重大なことをまのあたりにした。暴漢ロゴージンとナスターシャがどうも異様に接近している。そこへアグラーヤが出かけていったと言うんです。アグラーヤは公爵に外出しないように頼んでいるわけで、どうもなにかがおかしい。それで、その謎めいた会合のことを公爵に教えることを決意して、イッポリットは病身をおして彼の元へかけつけたのでした。どうもイッポリットは死ぬ前に人間らしいことをしてゆきたかったようです。彼は去っていった。アグラーヤは危険なところへ踏み込んでいった。公爵はでは、どうすべきか考えている。本文こうです。

この問題は最後の運命を決すべきほどのものであった。
 けっして公爵はアグラーヤをただのお嬢さんだの、女学生だのと思ってはいなかった。自分は、ずっと以前から、何かこういったようなことがあってはと恐れていたのだと、今になって彼は痛切に感ずるのであった。
 
公爵は、ナスターシャを恐れていた。公爵はアグラーヤが頼んでいたとおり、家から出ないでいた。そこにけっきょくアグラーヤが現れた。彼女は公爵を引きつれて、暴漢ロゴージンとナスターシャが居るところへ乗り込んでゆくのだというんです。
 
 
彼女はいくら引き止めても必ず暴漢のところへゆく。公爵は彼女を愛しているので、この危険なところへ、共に行くしかない。けっきょくロゴージンとナスターシャ、公爵とアグラーヤは、4人で不気味な家に集まったのでした。
 
 
ナスターシャはムイシュキン公爵を愛しつつも暴漢ロゴージンとの危険な人生を望んでいる。アグラーヤはナスターシャを恋敵として認識している。本文こうです。

彼女はナスターシャ・フィリッポヴナの顔を、まともに、思いきって見つめた。と、すぐに、恋がたきの憤怒に燃える眸のうちに輝いているあらゆるものを、はっきりと読み取った、女が女を理解したのである。アグラーヤはぞっと身震いした。

アグラーヤとナスターシャの話し合いが恐ろしかったです。どちらも公爵のことをたいへん尊敬している。しかし見解も目的もまるで異なっていて、公爵に対する態度と行動について、相手のことを非常に忌々しく思っている。
 
 
この箇所の描写が、二人のヒロインの、かずかずの異様な行動に関する、謎解きにもなっていて読んでいて興味深かったです。愛する人が他人と婚姻することを強く薦めていた、その主因は、どうも虚栄心からのようであったとか、なぜ愛する人との結婚を目指さなかったのか、そこに名誉欲が満たされないことへの不満があったから……とか。
 
 
愛しい人が居ることによって、想定を越えた悲惨なことが起きてしまう、その仕組みがみごとな構成で書き記されていて、衝撃を受けました。愛する人が真横に居るからこそ、恋敵の不正が非常に許しがたくなって「憎悪の念に身を震わ」せることになる。ぼくは登場人物の書き分けが出来ないどころか、現実でも他人が完全に異なる個性を持つことをどうも明確に認識できていないところがあって、一元化された世界観に住んでしまいがちで、愛する人が近くに1人いさえすれば、その場で憎悪が生じるなんてことは起きないはず、と思ってしまいます。ドストエフスキーのこの作中人物たちの場合は、多様な人間性があって、それぞれに他人の心理をしっかり見てとることが出来ていて、それゆえに愛のすぐ側にある激しい憎悪が明確に浮かびあがってしまう。
 
 
この緊迫した場面で、愛する人の態度を目の前で見た瞬間に、深い怒りに震えるなんて、ぼくにはまったく想像もつかない世界だったなあーと、改めて思いました。そのなんというんでしょうか、愛があれば多少の憎しみもなんとかカヴァー出来るというような、そういう仕組みでドストエフスキーの世界は出来ていないんです。人間と人間が、まったく異なる思想を持ちながらぶつかってしまって、2つの愛情が接近すると、無茶苦茶に反発しあってしまう。
 
 
ぼくのこれまでの感覚で言うと、愛と憎(あるいは正義と悪)が対立するのであって(二元論的に認識してしまうわけで)……愛と愛が合流したら悲惨なことになる、という人間関係は、想像ができないことでした。
 
 
ナスターシャは青い顔になっている。ナスターシャは今までアグラーヤのことを「天使」だと思って「尊敬してた」んです。だからそのアグラーヤに、赤裸々な手紙を送っていたわけです。ところが天使だと思っていた人が、罵詈雑言を浴びせて憎悪の眼でにらみつけてくる。ほんとに、普通の小説とか映画だったら、ふつうは、悪人と善人が対立するもんですよ。でもドストエフスキーのはぜんぜんちがって、愛と愛が激突して収拾がつかなくなっている。ナスターシャがとくにひどいことになっているんです。
 
 
ナスターシャは、公爵に自由を与えたかったから、自分の心を滅ぼすような真似をした。アグラーヤは自由な心で公爵との仲を深めたかった。
 
 
ナスターシャは今回、ありえないことを暴漢ロゴージンに言っているんです。ロゴージンもアグラーヤも、この現場から出ていった。ナスターシャは前後不覚になっていて、自分が危険極まりないことを口走っていたことに、まるで気づいていない。ナスターシャとムイシュキン公爵は、ほんの短い間だけ、二人きりになって言葉も無く抱擁を交わした。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。白痴は第50回で完結します。縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi46.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら 
 
★ドストエフスキー「白痴」をはじめから全巻よむ(※無料)
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う
 
 
 
 
 
 







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(37)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その37を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
与謝野晶子の時代は、詩歌がもっとも華やかだったのではないか、と思いました。出版技術が一般化する時代だったし、想像力を刺激するものとして映画が当時はなかったし、情感のある本がもっとも求められていた時代であったと思います。
 
 

ねやにて聞けば朝の雨
なかば現実うつゝ、なかば夢。
やはらかに降る、花に降る、
わが髪に降る、草に降る、
うす桃色の糸の雨。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko037.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3


 
 
 






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


泥鰌 小熊秀雄

今日は小熊秀雄の「泥鰌」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
泥鰌というのは、魚のドジョウのことです。作中に「争い」という言葉が記されているんですけど、ただの夫婦の遊びみたいなことを書いている。酢の物が嫌いだという主人公と、酢は身体に良いと主張する妻との会話が繰り広げられていました。こんな朗らかな随筆みたいな作品もあるんだなと思いました。
 
 
こういう穏やかな生活の一場面を、日本語が読めるというだけの無関係な自分が、覗かせてもらって良いんだろうか、と思いました。この作品は生活や心情のことを平易に書いていて、本物の日記を読んでいるような感じがしました。
 
 
これは……小説なのか、随筆なのか、ちょっと調べてみると、小熊秀雄の全集の目次に「小説」だと明記されていました。雀の子が巣から落ちて、屋根裏で困っていて、これを助けてやった、というのがなんだか美しいシーンでした。それからドジョウが突然何匹もあらわれて、これを美味しくいただこうとするんですけれども、なんだか竹取物語で、竹とタケノコをとって夫婦で仲良く暮らしていたところが、都に娘が出てゆくことになってしまって、山の幸の世界から隔絶されて、日々の暮らしが変わってしまう、という古い物語を思いだしました。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dojo.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


白痴(45) ドストエフスキー

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その45を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ドストエフスキーがどうしてこの主人公を描こうとしたのか、そこの真相というか、そもそものはじめからの設定がこう記されています。
 

「レフ・ニコラエヴィチ君(※ムイシュキン公爵)は両親をなくして以来、ニコライ・アンドレーヴィッチ・パヴリシチェフさんに育てられた人です」

……わたしがあなたを見たのは、まだあなたが子供で、十か十一ぐらいでしたのに。いや、なんとなくお顔に、昔を思い起こさせるところがありますね……」「あなたは僕が子供のころにお目にかかったんですか?」公爵はなんとなくひとかたならぬ驚きをいだいて尋ねるのであった。「おお、もうかなり昔のことですよ」とイワン・ペトローヴィッチはことばを続けた

「ですから、一度なぞはあなたの教育方針のことで、その従姉と口ぎたなく喧嘩したことさえもありましたよ。なにしろ、病身の子供を仕込むのに、明けても暮れても鞭棒べんぼうという始末で、——いや、そんなことは……御承知でしょうが……」

公爵は歓喜と感激とに眼を輝かせながらこの話を聞いていた。ドストエフスキーは、こういう過去を持つ男を、この時期にもっとも描きたい主人公として書いていったんだなあと思いました。あまり正しい読み方じゃないと思うんですけど、ドストエフスキーは15歳の頃に母が病没し、その2年後に父を事件で亡くしている。その頃のドストエフスキー自身に向けて、書いているようにも思えました。
 
 
むつかしいことばを調べてみました
おうよう
 
 
作中で、ムイシュキン公爵が、奇妙すぎる自説を展開するんです。聞いている人たちのほとんどは、ついにムイシュキン公爵の頭がおかしくなってしまったんだと思った。公爵はこういうことを言うんです。カトリックは「キリストに合わない宗派で」「無神論よりもっと悪いくらいのものです」と意見を述べるんですよ。当時のロシアのカトリック教には、なにかあったのでしょうか? 調べてみたけど、むつかしすぎてよく分かりませんでした。公爵の言い分はこうです。

歪曲わいきょくされたキリストを、彼らみずからが讒誣ざんぷし、中傷したキリストを説いているのです、まるで正反対のキリストです!反キリストを説いているのです

これには、ちょっと理解できるところがあるように思いました。巨大な資産を用いて作られた大聖堂だけを見ていて、貧しく生きたキリストのことはまったく意識していない信者がほんとうに居る、と思ったことはあるんです。

ローマカトリックは信仰でさえもなくて、全く西ローマ帝国の継続です。

ドストエフスキーは恐ろしいことを書くもんだ、と思って興奮して読んでいました。本来なら、こういう大長編の文学は、もっと歴史的教養がある人が読むように作られているはずなので、よく分からない自分が読むと、けっこう危険なのかもしんない、とか思いました。
 
 
アグラーヤは、ムイシュキン公爵をとても尊敬しているんですけれども、公爵がこういう危なっかしいことを言うのを、止めて欲しいとずっと思ってきた。

法王は世界を掌握し、地上の王座を得て、剣を取りました。それからというもの、常に何もかもが、かような道をたどって、ただ剣のほかに付け加わったものは、虚言と詐欺と、偽瞞ぎまんと狂信と、迷信と罪悪だけであった。最も神聖で、誠実で、単純で、熱烈な民衆の感情はもてあそばれ、何もかも、何もかもが、金と変わり、卑しい地上の権力と化したのです。

そういえば、教養を持つ人間が、あれこれの学問を学んだあとに、教養の真逆の行為を行う、しかも偶然や過失や強制では無く確信をもって不当な行為をすることがあるということを、指摘している知識人が居たのを思いだしました……。ドストエフスキーは作中で「根っこをなくした人たち」と書いて批判しているんです。これは他人ごとでは無い話しだなと思いました。
 
 
ドストエフスキーはロシアの暴力的性質を今回語っているんですけど、ちょっと調べてみると100年後のロシアの、第二次大戦中の死者がじつは、どの国よりも多い、という事実があるんですけど、これは地理的に言ったら、もっと死者数を減らすことは出来たはずのように思えるんです。じっさいアメリカ人の死者が少なかったのは、なによりも地理的に戦争の中心から遠かったし、厭戦の傾向が強かったからだと思うんです。ロシアの闘争は、ドストエフスキーが今回描いているように苛烈だったのではないか……と感じました。
 
 
アグラーヤが危惧していたとおり、ムイシュキン公爵は、まさに「白痴」の演説を行って、さらには高価な花瓶を割ってしまった。人々は唖然としたり羞恥を感じたりまでするのですが、さいごにはみんな笑いはじめてしまった。予感された近未来が、事実になって立ち現れてくる、というのがドストエフスキーの独特な物語の展開方法だ、と思うんです。それから、物語の終盤に差しかかって、作者がもういちど、第一章のことを繰り返して描くところも、上手いもんだなあと思いました。序盤の真相というか、そもそもの状況がどうだったのかが、書き記されてゆくんです。本文こうです。
 
 
僕は……僕はあなたがたを恐れました。自分自身をも恐れました。何よりもひどく、自分を恐れました。このペテルブルグへ帰って来るとき、僕は是が非でもわが国の第一流のかたがたにお目にかかろう、家柄の古い、遠い昔から続いている名家の人たちにお目にかかろうと心に誓いました。
 
公爵がペテルブルクにやって来たとき、こういう心情を持ったようです。

……気だてのいい、やさしいロシア人を見たのです。僕がどんなに嬉しい驚きを感じたか、お察しを願います!

彼はおしゃべりの最中で感極まって、人々のことや世界全体のことを考えて、こういうことを述べます。

……すっかり途方に暮れてしまった人でさえもが、美しさを感ずるような美しいものはいたるところに、どんなにたくさんあるでしょう!赤ん坊をごらんなさい、こうごうしい朝の光をごらんなさい、草をごらんなさい、どんなに成長してゆくかごらんなさい、あなたがたを見つめ、あなたがたを愛する眼をごらんなさい……
 
 
こう言って彼は倒れてしまい、アグラーヤがかけつけた。彼女の母は、アグラーヤとムイシュキン公爵が結婚することはありえないと、思ったのでした。そのすぐあとにアグラーヤは彼と夫婦になるつもりはまったく無かった、と明言しました。しかし……ここでの母と娘の心情の描写が、なんとも不思議なんです。次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。白痴は第50回で完結します。縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi45.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら 
 
★ドストエフスキー「白痴」をはじめから全巻よむ(※無料)
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う
 
 
 
 
 
 







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


与謝野晶子詩歌集(36)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その36を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 

小傘をがさとりて朝の水くみ我とこそ穂麦ほむぎあをあを小雨こさめふる里

という歌は、なんだか一茶の俳句みたいだ、と思って「穂麦」の句を調べてみると、一茶はこういう俳句を詠んでいました。
 
しの竹のひよろひよろ暮る穂麦哉
妹が子は穂麦の風にふとりけり
首たけの水にもそよぐ穂麦哉
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko036.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3


 
 
 






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


うぐいす 原民喜

今日は原民喜の「うぐいす」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
原民喜と言えば、原爆について描いた詩集をのこし、ほかにも「死のなかの風景」「夏の花」などの作品を書いたことで有名なのですが、戦争の被害を受ける前はそもそも童話作家で、戦後にはジョナサン・スウィフトのガリバー旅行記なども翻訳している、児童文学者なのでした。今回は、児童向けの童話を読んでみました。
 
 
起承転結の、転と結が、とくに存在しないのがかえって印象深い、穏やかな童話なんですけれど、いったい原民喜は他に、どんな童話を書いたんだろう、と思う作品でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/uguisu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本