【書籍購入】ヘミングウェイのパリ・ガイド

今日もネットで買える本を紹介します。
 
 
Amazonプライム会員は月額約400円くらいで、映画や音楽や、それから文学作品を数十冊以上、これらが0円で読み放題、見放題、聴き放題なんです。
 
 
この無料コンテンツの中で、ウッディアレンの2011年の映画『ミッドナイト・イン・パリ』が0円で見放題になってたんですけど、もう何回見たかわからないくらい繰り返し見ちゃったんです。ここでパリに集まった芸術家たちが描きだされるんですけど、なんともおもしろい。フィッツジェラルドやヘミングウェイがあらわれて、みんなが深夜のパリで話し込む、という内容なんです。
 
 
 
 
『ヘミングウェイのパリ・ガイド』という本も読んでみました。冒頭にヘミングウェイの言葉が記されています。

もし若いときに
パリに住む幸福に巡り会えば、
後の人生をどこで過ごそうとも、
パリは君とともにある。
なぜならパリは移動する祝祭だから。
『移動祝祭日』より

写真の数々がまた良いんです。パリのイスラム文化に関するエッセーが1ページだけあって、興味深かったです。

 
  
 
えーと、それからあと、ブラウザで文学作品を読書している時に、オススメのJAZZはこちらです。Amazonプライム会員なら0円です……。



 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


【書籍購入】白バラ

今日もネットで買える本をちょっと紹介します。
 
 
『白バラ Century Books 人と思想』という本で、これが戦時中にもっとも危険な反ナチ運動をした若者たちの記録を詳細に追った評論で、読んでいてヒリヒリする内容なんです。ゲーテやハイネを愛読していた青年たちで、当時ハイネはユダヤ人出身だという理由で禁書に指定されていた。
 

 
白バラは、当時ぜったいにやってはいけないナチス批判の活動を匿名で行っていったんですけど……。その活動はおもに、学生たちがビラを撒くという方法で行われていた。その白バラの中心人物たちの愛読書というのがなんだか衝撃で、老子とかハイネとかゲーテとか、自分がいま愛読しているものばかりで、けして反戦主義的傾向があるわけではない。
 
 
とくにゲーテは政治家でもあって戦争の勇ましさを描く著書も多い。ナチスは主戦か反戦かという概念を越えた人類史上最大に危険な、人種の絶滅を公言した組織なので、とうぜん反対をしなければならない。けれども、もうナチスが全権を掌握したのちの時代の話しなので、ナチスへの反対意見は即死刑に結びついた時代なんです。それを判った上で白バラは、匿名でナチス批判のビラを撒いていった。
 
 
ハンス・ショルはもともとはナチスの一員であって、反ナチ活動さえしなければナチスに殺されることはなかったんです。
 
 
Century Booksは思想書であり伝記であって、映画や劇のようにダイナミックな物語を書こうとはしないわけなんです。ところが実話自体が驚くべき事態の連続だったわけで、学術的で詳細な纏め方がかえってこの現代史をリアルで臨場感のある物語にしている。いっきに全文を読んでしまいました。史実を書いているから、結末がどうにも言えずもの悲しい。学者が書いた本なので、派手な演出が無いんです。それがかえって、そこに生身の人間が居るように感じられて、すごい本だと思いました。
 
 
この時代に、反ナチスの政治活動に挫折した人々があまたにいます。サルトルは、戦時中にナチスに抵抗しレジスタンス活動を行い、戦後にそのことを振り返って、「たった一言」なにかナチスについて批判しても「十人や百人の逮捕を引き起こすには十分だった」(立命館法学/2000年6号より)と当時の危機的状況を記しています。
 
 
哲学者ウィトゲンシュタインはヒトラーと同じ学校に通っていたことがあって、家族もユダヤ人だと言われてナチスにさんざん苦しめられてきたのに、日記にさえもほとんどまったくナチスについて書くことが出来なかった。唯一ナチス関連で残っているウィトゲンシュタインの記録には、虐殺が激しかった時代に、イギリスの大学の同僚に青い顔をして「ぼくはユダヤ人だったんだ」と告白した、という事実くらいしか見えてこない。哲学者も沈黙するしか無かった。そういう時代に、盛んに反ナチを訴えた白バラのリーダーは、いったいどういう青年だったんだろうかと思って読みました。
 
 
白バラについては、wikipediaにも記事が記されているので、興味のある方は読んでみてください。それで……こういう危険極まりない時代に、表現者ってどうやって生き残ったのだろうと思ったんですけど、なんとあのムーミンを描いた作者がですね、反ナチ運動をすると仲間も自分もことごとく死刑にされた時代に、ほとんど同じような反ナチのビラを作って飄飄とこの時代を生きていた。
 
 
ムーミンの作者もじつは、白バラみたいに、反ナチのポスターを作ってたんです。比べてみると白バラよりももっとナチスを具体的に根本的に批判している。ユーモラスな気配さえ漂っているポスターを見て「これって当時はとてつもなく危険な表現だったのでは」と思いました。すごいユーモアに溢れた、風刺絵なんです。じつはムーミンはナチスが猛威をふるっていた時代に処女作が記されている。見てみたい、という方は『ムーミンを生んだ芸術家トーヴェ・ヤンソン』という本をご覧ください。1ページだけ戦時中のナチス批判について書いていました。まじかーっ、と思いました。
 
 
どうもトーヴェ・ヤンソンの父は、ナチスが台頭する時代にこれを肯定的に捉えていた。それに対する反発として、父親への反発も含めて、反ナチ思想を自ら育んでいったようなんです。
 
  
白バラが危険だったのは、なんといっても、ナチスの拠点の中心に居ながらナチス批判を繰り広げたというのがあったと思うんです。ヤンソンはフィンランドに住んでいたし、チャップリンはアメリカに行ってからナチス批判をしたわけで、やはりナチスの中心でナチス批判を繰り広げた、というのが白バラの危機そのものだったんだと思います。
 
 
本文とまったく関係ないんですけど、amazonでは、月額千円以下で100万冊の本が読み放題で、お試しで30日間0円でいろんな本を読めるんです。
 
 

 
 
Kindle洋書ストアには、あのMoebiusの画集というかコミックまで売っていました。すごい欲しい。それからつい最近気がついたんですが、Kindleアンリミテッドに、シェイクスピアの現代語訳がいっぱい並んでいてアンリミテッドの会員なら0円で読み放題なんです。冬休みにいっぱい本を読んでみたい方にはアンリミテッドの会員登録がオススメです。こちらから登録できます。今なら30日間0円です。
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


【書籍購入】ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男

今日も、ネットで買える本について1冊紹介します。
 
 
『ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男』というノンフィクションの本なんですが、事実は小説よりも奇なり、とでも言うのか、実話が描かれていると思って読むので、衝撃がすごかったです。でも、なんだかかっこいい話しなんです。
 
 
ふつう、金が無かったり保護が無かったりすると、生きられないと思うんですけど、金も家も使わずに生きた人も居る。ごく普通の青年だった男が、ある日、森の中で暮らせるだけ暮らしてみよう、と思いたつ。真冬でも建造物の中に入らずに、独自に構築した奇妙なテントで生活をした。食糧源は森の自然界で手に入るものと、キャンプ場で繰り返し行った窃盗。普通なら一年くらいで無理が来ると思うんですけど、そこを20年以上暮らすことが出来た。ライターが事実を詳細に調査しつつ、ダイナミックな文体で書いているので、この……森でたった一人で暮らし続けた男の生き方に、すこぶる引き込まれました。
 
 

 
 
あと、Kindleアンリミテッドが30日間お試し0円で加入できて、10万冊以上の本やマンガを読めるんですけど、『マンガで読破』シリーズも10冊くらい0円で読めるようになっていました。人によると思うんですけど、古典文学は、あらすじを知ってしまってから原文を読んでも面白いので、ちょっと興味のある本のあらすじを追ってしまうのもオススメかと思います。
 
 


 
 







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


ネットで買える本

今日もちょっと、ネットで買える本を紹介してみます。
 
 
Kindleアンリミテッドが今セール中で、月額100円で読み放題なんですけど、ちょっと調べてみると、実際に読める和書はだいたい10万冊くらい。雑誌やビジネス書や、マンガの第1巻が多いんですけど、とりあえずこれで文学を読んでみたい場合は『光文社古典新訳文庫』がオススメです。長く愛読されてきた文学作品が、読みやすい文体で翻訳されています。ぼくはこれでカラマーゾフの兄弟を読みました。
 


 
 
あとこの、「ゆかいないきもの図鑑」というイラスト図鑑がなんだかおもしろかったです。手書き文字で構成された、子ども向けの動物図鑑なんですけど、知らないことがいっぱい書いてありました。ワニが池から顔だけ出しているとき、じつは二本足で立っている。ミーアキャットみたいな二本足で起立した状態に、なれるワニがけっこう居るそうです。絵本で見た二足歩行のワニは、じつはけっこう現実にありえる姿みたいです。あと、人参やカボチャを食べ続けると、動物も人間も、肌が一時的にオレンジ色になるとか、不思議な雑学がいろいろ書いてありました。
 
 





top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


ネットで買える本

今日はちょっといったん休憩して、ネットで買える本を1冊紹介します。無料では読めないので興味があれば買ってみてください。
 
 
「裏世界遺産ガイド」って本です。体裁としては、コンビニとかで売っているビックリするようなことを紹介する普通のムック本なんですけど……なんだかおもしろい。不気味な事実がつぎつぎに記されていて笑いました。セントロ・フィナンシエロ・コンフィナンサスの紹介とかがあって、これは……なんだかすごくサイバーパンクな話でした。いつかこういう危ないところに1回は行ってみたい。世界一危険な毒蛇まみれの島とか、ぜったいに行きたくないですけど。『SSアメリカ』っていう大きな船の物語とか、読んでいてグッときました。
 
 
裏世界遺産ガイド

 
 
それから、Amazonサイバーマンデーというセールで、Kindleアンリミテッドが2ヶ月間たったの100円で、100万冊以上の本が読み放題になるセールイベントが行われています。くわしくはこちらのリンク先をご覧ください。冬休みにすごい量の本を読めますよ。100円で。
 
 

 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本