こども風土記 柳田國男(21)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その21を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田國男が面白いことを言っていて、正月の豊作祈願の行事で、子どもたちが歌う歌の意味が、本人たちにも判ってない。本文こうなんです。
 

彼ら自身もなんのことだか知らず
 
ただ餅をもらえるので、そういう祝い事を子どもたちがやっていた。
 
 
なんだか知らないんだけどやっていることはいつの時代も多くって、寺子屋ではかつて「実語教」を町人たちに教えていた。子どもたちはその意味を理解しないまま、これらを暗記していた。
 
 
「正月の春田打ち」や「入船の祝言」で「いずれも正月に子供の口から、めでたい言葉を聴こうとした」。そういう行事が、いろんな村であったが、いくつもが消えていった。いくつかはおそらく、祭りに変化していった。子どもの遊びにもほんの幽かに受け継がれていった。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki21.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください