与謝野晶子詩歌集(38)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「与謝野晶子詩歌集」その38を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「みだれ髪」という歌集のなかに「乱れ髪」という言葉がはいっている歌が登場しました。これが……与謝野晶子がもっとも使いたかった言葉なわけで、タイトルに使われている。


琴のというのは音階というか、音の高低を調節するための駒のことで、こういうのです。音色を鳴らす状態にはなっていない琴に、恋でそぞろになっている私(与謝野晶子)の乱れた髪が触れて、奇妙な音を奏でた。歌集「みだれ髪」のなかで、これだと思った歌……なんだと思います。
 
 
それから「光に似た煙だ」という言葉が印象的な……謎めいた詩に魅了されました。

三月みつきおかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪


 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko038.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3


 
 
 







明かりの本は新サイトに移行しました!
URLの登録変更をよろしくお願いいたします。

明かりの本 新サイトURL
https://akarinohon.com







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: