こども風土記 柳田國男(36)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その36を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「こども風土記」も終盤なんですけど、ここで柳田は、こどもの遊びが世界とどう繋がっているか、を述べています。「いわゆる児童文化は孤立した別個の文化ではない。国にそのような離れ離れのものが、並び存するわけがない」と、「時代の文化相が児童を通してればまたちがった印象を与えるというまでの意味しかない」と言うんです。
  

児童は私が無く、また多感である故に、その能力の許す限りにおいて時代時代の文化を受け入れる。古く与えられたものでも印象の深さによって、これを千年・五百年の後に持ち伝えるとともに、いつでも新鮮なる感化には従順であった。
 
こどもにとってはほとんどが、未知との遭遇で……古いからとか新しいからという判断をするのではなくって、すべて新鮮に見ることが出来るというのは凄いなと思います。
 
 
本文とは関係ないんですけど、最前線の研究者は大人になっても未知なる領域の研究をするわけで、そういった新鮮なものへの興味がありつづけるから、柳田國男のような研究者は、こどもの文化と通底しているところがあるように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki36.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋map ・図書館link おすすめ本 ★本を購入する





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください