痴人の愛(5〜6) 谷崎潤一郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(5〜6)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ナオミと譲治は親戚とも念入りに話し合って、結婚を済ませた。ついに谷崎の本から女性への「崇拝」という言葉が記された。谷崎は起承転結というよりも、起承転転転というかんじで、坂を転がり落ちる岩のような物語を書く人だと思うんですけど、その口火が切られたな、と思いました。
 
 
あと、谷崎が若者への個人授業の方法を書いているんですけど、こういう先生たしかに居たぞと思いました。復習を念入りにやっているシーンなんですけど、詰め込み教育ではないし、細かいミスは指摘しないんだけれど、出来ていないところはハッキリ叱りつづけるという、なかなか現代的で厳しい勉強の風景が垣間見られました。
 
 
ナオミは英語をちゃんと勉強して出来るようになると宣言していたのですが、どうしても初歩的なことが判らない。発音と音読は得意なんですが、文法がまったくわからない。それを習得させようと譲治がやっきになるところがなんともリアルでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/chijinno_ai03.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
     ヨコ書きはコチラ




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください